2020.01.31 Friday

ウィンドウトリートメントも大事です♪ 【その1】

ウィンドウトリートメントって、聞いたことありますか?

 

 

多分、あまり聞いたことがない方が多いのではないかと思いますが、

 

インテリア業界では、窓周りにつけるカーテンやシェード、

 

ブラインド、ロールスクリーンなどの窓装飾全般のことを

 

「ウィンドウトリートメント」と呼びます。

 

 

 

ハウスメーカーのインテリアコーディネーターが

 

窓まわりのコーディネートをするときにも普通に使う言葉ですね。

 

 

 

ウィンドウトリートメントの一般的な装飾方法としては、

 

カーテンやブラインド、ロールスクリーンなど、

 

その窓辺にふさわしい形状や素材を選んでいきます。

 

 

 

カーテンにも様々な種類があり、ドレープを強調したものもあれば、

 

あえてシンプルなレースだけで演出する場合もあります。

 

 

 

ブラインドも垂直に伸びたバーチカルブラインドや、木製のブラインドもあり、

 

室内の雰囲気だけでなく、外から見た窓辺の印象も考えてコーディネートしていきます。

 

 

 

 

 

どこに何を選ぶかの前に・・・


ウインドウトリートメントの基本的な役割を3つあげます。

 

 

 

 

―擦泙い離ぅ鵐謄螢◆外観を美しく演出する

 


窓に取り付けるウインドウトリートメントは、室内外の両方から見えますので、

 

住まいを演出する上で大きな役割を果たします。

 

 

 

▲廛薀ぅ丱掘爾鮗蕕

 

 

ウィンドウトリートメントには、隣家や通行人からの視線を遮る役目もあります。

 

 

室内の光を外にほとんど漏らさないような遮光性の高いものや、

 

昼間に室内の様子を見えにくくするミラーレースカーテンなどもあります。

 

 

 

 

省エネ効果を高める

 

 

遮熱性や断熱性が高いウィンドウトリートメントは、

 

夏場の室温上昇を防ぎ、光熱費を抑えることができます。

 

 

冬場も保温効果で室内を暖かく保ちます。

 

 

 

 

 

3つの役割のうちどれを優先するかは、人それぞれですし、

 

また、使う場所によっても、どれを優先したいかは変わってきますので、

 

選ぶべきウインドウトリートメントの種類や素材が変わってきます。

 

 

 

結局は、部屋の用途や環境、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切なんですね。

 

 

 

 

明日からは、ウィンドウトリートメントの種類をご紹介いたします♪

 

 

 

 

【その2】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.