2019.11.19 Tuesday

マツシタホームの家が停電したらどうなる? 【その3】

マツシタホームの家が停電したらどうなる? 【その2】からの続きです。

 

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

 

 

昨日は、長時間停電時、太陽が出ている昼間は、

 

太陽光発電システムを自立運転モードに切り替えて電気を使用できるという話と、

 

使用するためのやり方について書きました。

 

 

 

今日は、太陽が出ていないときに電気を使う方法などについて書きたいと思います。

 

 

 

ひとつは、太陽光発電システムで発電した電気を蓄電池に蓄電しておき、

 

夜間や、太陽の出ていない昼間に使用する方法です。

 

 

 

蓄電池は、電気代の安い深夜電力を蓄電しておいて昼間に使用し売電を増やせるなど、

 

タイプによって非常時以外の経済的メリットが得られる場合もありますが、

 

今回は停電時に関して書くようにいたします。

 

 

 

蓄電池は、災害などによる停電時にも利用できますので、

 

もしもの時にもしっかりと備えることができます。

 

 

 

製品によりますが、停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができ、

 

太陽光発電や蓄電池から電力供給が開始され12〜24時間連続で使用可能なものもあります。

 

 

 

 

蓄電池のデメリットについても上げてみます。

 

 


家庭用蓄電池のデメリット 峪箸┐詢漫廚限られる

 

「蓄電池」と言っても、電気を貯められる量は無限ではなく、

 

ポータブル式や小型の製品では蓄電容量が少ないですので、

 

製品によって電気を貯められる量は異なります。

 

 

使った分は減るので、非常時に備えて蓄電しておく必要があります。

 

 

蓄電池には「モード設定」「放電開始時間」「残量」などの設定があり、

 

使いこなすことで蓄電ライフがもっと快適になります。

 

 

蓄電池に貯めた電気を使う際には、「使える量(残量)」を意識しながら電気を使うことが大切です。

 

 

 

 

家庭用蓄電池のデメリット 電池ユニットの経年劣化

 

リチウムイオン電池は、充放電の回数に限りがあります。

 

 

充放電回数の寿命を超えると、蓄電容量が徐々に減っていきますので、

 

いずれは交換が必要になります。

 

 

メーカーによって保証期間や充放電サイクルの回数や残存容量が違うので、

 

長く適切に使うことができる製品を選びましょう。

 

 

 

 

家庭用蓄電池のデメリット 置く場所を選ぶ

 

 

家庭用蓄電池(定置型)のサイズの目安は、およそ幅100cm 奥行30cm 高さ120cm。

 

 

しかも、設置場所は高温や低温になりすぎず、結露しない場所であることが望まれます。

 

 

長く良い状態をキープしていくためにも設置場所の事前調査をしっかり行う必要があります。

 

 

 

 

家庭用蓄電池のデメリット 価格が高い

 

 

これが最大の問題だと思います。

 

 

今月4日の日本経済新聞の記事によると、

 

日本メーカーの蓄電池の平均価格は、kWあたり18万円前後と書かれていましたので、

 

住宅の停電時に使えるような蓄電池の蓄電容量は、

 

小さなもので4〜5㎾、大きなもので10㎾前後から15㎾程度のものが多いので、

 

小さなもので70万円以上、大きなものだと200万以上になります。

 

 

停電時のために、この金額はちょっと厳しいと考える方が多いと思います。

 

 

大規模停電が多数あった東日本大震災後の一定期間、

 

蓄電池を力を入れて販売していたことがあったのですが、

 

価格が高いことが最大のネックになって、あまり売れませんでした。

 

 

今年の売電単価が24円/㎾(来年度はまだ単価が発表されていません)、

 

東京電力から電気を購入する単価が約27円/㎾、まだまだ差が少ないです。

 

 

例えば、売電単価が10円近くまで下がったら、蓄電→自家使用が圧倒的に得だとなって、

 

蓄電池を購入したい人が一気に増えると思いますが、

 

現段階では、太陽光を蓄電して自家使用しても単価の差が少ないので、

 

現段階では、蓄電池のメリットは少ないと思います。

 

 

 

 

太陽光発電+蓄電池で長時間停電に備える・・・良いとは思うのですが、

 

価格が高い・・・が最大のネックだと思います。

 

 

 

マツシタホームで用意している、非常用電源システムと発電機の件は、

 

明日の記事にさせていただきます。

 

 

 

 

【その4】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.