2019.10.05 Saturday

見積り比較・・・勘違いで決めているお客様が多い、悲しい現実【その1】

今回は、「住宅業界の闇」の一つを暴露する・・・という感じの話をします。

 

 

 

家づくりの検討段階で、お客様がどこの住宅会社で建てるか、

 

つまり住宅会社選びを進めていく場合、大きく分けて2つの方法があります。

 

 

 

それは、「1社見積もり」と「相見積もり」です。

 

 

 

どちらが多いかというと、住宅会社選びに関しては、

 

後者の相見積もりを選ぶ方が多いと思います。

 

 

 

住宅以外のモノの購入時、一般的に安いものほど、

 

相見積もりを取らない方が多くなると思います。

 

 

 

家電の購入時に、量販店を回って(見積書ではないですが)値引額を比べる方もいれば、

 

量販店に行って気に入った家電が見つかったら、交渉して即決する方もいますよね。

 

 

 

今は、ネットの販売価格と比較する方も多いですし、

 

一方では、全く価格交渉しない方もいます。

 

 

 

 

自動車の購入時なら、自分の買いたい車を、まずは価格や大きさやグレードで絞り込み、

 

自動車情報誌やネットなどで値引額の目安も調べたうえで、各社の見積もりを取って、

 

各社に何度も足を運びながら交渉していく方もいれば、

 

デザインやカラーが気に入った車に一目ぼれして、すぐにディーラーに行って決めてくる

 

という方もいます。

 

 

 

つまり、購入へのプロセスは、人それぞれタイプがありますよね。

 

 

 

住宅会社選びも、人それぞれのやり方があって、

 

多数派である相見積もり派は、まずは各展示場を回って各社の話を聞いて、

 

2〜3社に絞り込めたら、図面作成と見積もりを依頼して、

 

各社と何度も何度も打ち合わせして、図面や仕様がまとまってきたら、

 

各社と金額交渉をして、最後に色々と検討して決める・・・例えばこんな感じですし、

 

1社見積派は、まずは各展示場を回って各社の話を聞くところまでは同じですが、

 

サンプルプランの見積もりをもらったりで気に入った会社の建物価格も聞いたうえで、

 

色々な検討をして1社に絞り込んでから、見積もりを依頼する・・・例えばこんな感じです。

 

 

 

「どちらが良いのですか?」と聞かれたとすれば、

 

「それはお客様のタイプによります」と答えるしかありません。

 

 

 

人それぞれ性格やタイプがありますし、

 

今はとても忙しいから何社も見積もり比較なんかやってられないなど、

 

その時の事情もあるでしょう。

 

 

 

また、「この会社が絶対一番いい家でサービスもNo.1だよ」

 

非常に信頼している知人たち何人かがみんなそう言うのを聞いてきた、

 

色々な事情で、最初から会社を決めてスタートしたという場合もあります。

 

 

 

理由は人それぞれですが、割合を私の直感で言うと、

 

「相見積もり」を取られる方が3人に2人、

 

「1社見積」の方が3人に1人という感じではないでしょうか。

 

 

 

マツシタホームは競合他社と徹底的に差別化した独自路線を取っていますので、

 

おそらく、他の会社よりは「1社見積」の方の割合が多いのではないかと思います。

 


 

 

【その2】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.