2019.10.01 Tuesday

リーチ主将「勝てるという自信が一番の勝因」 。私もその通りだと思います!

現在開催中のラグビーワールドカップ日本大会で、

 

日本代表が世界ランク2位(開幕時1位)の強豪アイルランドを破りました!

 

 

 

4年前の前回イングランド大会での南アフリカ撃破に続き、

 

2大会連続で優勝候補を破るというジャイアントキリングを達成しました。

 

 

 

しかし、時間が経つにつれ、前回と違い、今回は勝つべくして勝ったという意見が

 

多くなったように思います!

 

 

 

仕事中で生では見られず、帰ってすぐ録画観戦しましたが、

 

本当に感動しました!!

 

 

 

 

世界最強クラスのフォワード陣と言われているアイルランド代表に対し、

 

日本代表は真っ向からフォワード戦を挑み、アイルランドを圧倒しました。

 

 

 

 

タックル、スクラム、ラインアウト、ボール支持率の全てにおいて、

 

アイルランド代表を上回る完勝と言っていい試合でした。

 

 

 

アイルランド代表も「日本は本当に強かった」と、日本の強さを素直に認め、

 

試合終了後に、日本代表より先にグラウンドを出て、

 

あとからグラウンドを出る日本代表のために両側で拍手をしながら花道を作るという、

 

意気な計らいをして、それを受けた日本代表も、そのまま花道を作って、

 

拍手でアイルランド代表を送り出すという、感動的なシーンもありました。

 

 

 

試合も感動的でしたが、両チームの紳士的なふるまいも感動的でした♪

 

 

 

ところで、日本代表がアイルランドに勝利した直後のニュースでは、

 

2大会連続の奇跡・・・という感じのニュースが多かったように思いますが、

 

リーチ主将などの選手たちが「私たちは、何年もかけて勝つための準備をしてきて、


そのために死ぬほど練習して、絶対に勝てるという自信を持って臨んだから勝てた」

 

というような発言をして、だんだん勝つべくして勝ったんだという論調が

 

増えてきたように思います。

 

 

 

3年前からずっとこの試合に勝つための準備をしてきて、

 

3年間、そのためにやるべきことを限界まで本気でやって、

 

そして、「やってきたことを実践すれば絶対に勝てる。そして、絶対に結果を出す」

 

という自信を全員が共有したこと、やっぱりこれなんだと思いました。

 

 

 

 

試合前夜、ミーティングで次の話が共有されたそうです。

 

 

 

世界最高峰のエベレストで遭難した人が、1枚の地図を見つけ、どうにか下山に成功した。

 

 

だが、下山後、その地図は別の山のものだったことが判明した−。

 

 

 

 

「不可能に見えても、信じて戦えば道は開ける」

 

 

 

 

日本代表にとって、それは仲間を信じること、

 

そして、自分たちがやってきたことを信じることだった。

 

 

 

チームスローガンは「ONE TEAM」。

 

 

これが日本のラグビーだということを世界に示した、素晴らしい試合になったと思います。

 

 

 

 

私たちマツシタホームも、やるべき目標を明確にし、実現に向けた計画をしっかり立てて、

 

実現に向けて仲間と協力し合いながら全力で努力し、

 

自分たちがやってきたことを信じ、仲間のことを信じ、

 

目標の実現に向けて全力で実行する。

 

 

 

ラグビー日本代表に、会社のリーダーとして自分のやるべきことを改めて教えられました。

 

 

 

同じように感じた方は、日本中にたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.