2019.09.04 Wednesday

「次世代住宅ポイント」の交換商品が決まりました!

消費増税の際にこれまで毎回あった新築着工戸数の落ち込みを防ぐため、

 

今回の消費税10%への増税に関しては、これでもかという対策が行われています。

 

 

.蹇璽鷂裟10年→13年への延長

 

⊇擦泙さ詆婉發料額

 

住宅資金贈与の特例金額のアップ

 

ぜ\ぢ綵斬陬櫂ぅ鵐箸凌契

 

 

4つの中で唯一の新設事項である「次世代住宅ポイント」は、

 

消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や

 

家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、

 

さまざまな商品と交換できるポイント(最大35万ポイント)を発行する制度です。

 

 

 

マツシタホームの家の新築では、必ず上限である35万ポイントが発行されますので、

 

35万円分の商品と交換ができます(交換は10/1以降だそうです)。

 

 

 

今年6月に、6月3日から受付が始まったという記事を書きましたが、

 

その時点では、交換できる商品が決まっておらず、

 

その後、交換商品が決まってからまだご紹介していなかったので、

 

今回ご紹介します。

 

 

 

以前から、次世代住宅ポイント交換対象商品の分類だけは発表されていましたので、

 

まずはそこから書いてみます。

 

 

 

●省エネ・環境配慮に優れた商品

 

環境上の課題に配慮して生産・加工等され、

省エネ・環境配慮に優れた以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

 

ア)PC及び周辺機器 イ)テレビ・レコーダー・プロジェクター ウ)エアコン

エ)照明機器・電球 オ)寝具 カ)カーテン・ブラインド キ)園芸用品

 

 

 

●防災関連商品


災害発生時の被害の防止・抑制や円滑な避難、

生活手段の確保・維持等に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

 

ア)食料品(非常食・保存食) イ)住宅内の被害防止・抑制に資するもの

ウ)その他の防災・避難用品

 

 

 

●健康関連商品


健康の保持増進や高齢者が安心して生活できる環境づくりに資する

以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

 

ア)食料品 イ)アウトドア用品・自転車 ウ)スポーツ用品(例:グローブ、ボール、バットなど)

エ)健康器具 オ)健康家電 カ)エアコン・扇風機・ストーブ・ヒーター

 

 

 

●家事負担軽減に資する商品


家事負担の軽減に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

 

ア)キッチン家電 イ)掃除・洗濯家電 ウ)スマートスピーカー

エ)キッチン・バス・トイレ・洗濯・掃除用品 オ)自転車

 

 

 

●子育て関連商品


家事負担の軽減に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

 

ア)家具(学習机等に限る) イ)文具、事務用品、ランドセル ウ)玩具 エ)絵本

オ)参考書、辞書、図鑑 カ)ベビーカー、ベビーシート、チャイルドシート

キ)ベビー・キッズ用品 ク)自転車

 

 

 

●地域振興に資する商品


地域の振興に資する国内の特定の地域における地域資源を活かした

生産・加工等を経た農林水産物、畜産物、加工食品・飲料、伝統工芸品等の商品

 

例)
・肉、魚、野菜、果物 ・練り物、缶詰 ・酒、ジュース ・陶磁器

・木製家具 ・織物、編み物、染め物


*対象カテゴリ・要件等は今後追加・変更されることがあるそうです。

 

 

 

分類を見ただけでも、かなりたくさんの分類がありますね。

 

 

 

 

では、それぞれの商品点数を見てみましょう。

 

 

 

家電


省エネ家電(160件)

 

省エネ証明(33件)

 

健康家電(614件)

 

キッチン家電(990件)

 

掃除・洗濯家電(593件)

 

電子辞書(6件)

 

スマートスピーカー(21件)

 

 

 

インテリア


家具(654件)

 

寝具(98件)

 

カーテン・ブラインド(172件)

 

カーペット・敷物(22件)

 

 


雑貨・日用品

 

キッチン・バス・トイレ・掃除・洗濯用品(925件)

 

園芸用品(125件)

 

 


地場産品

 

ファッション・小物(61件)

 

工芸品(229件)

 

 


食料品・飲料

 

食料品(4,049件)

 

飲料・酒類(301件)

 

健康食品(51件)

 

 

 

スポーツ・健康増進

 

スポーツ(180件)

 

アウトドア(158件)

 

自転車(108件)

 

 


福祉介護用品

 

福祉・介護用品(172件)

 

 


防災・避難用品

 

防災用品(24件)

 

避難用品(299件)

 

 


ベビー・キッズ用品

 

子供用インテリア(118件)

 

学習用品(21件)

 

玩具(対象年齢6歳未満)(47件)

 

子供用衣類(5件)

 

子育て用品(124件)

 

子供向け自転車(33件)

 

 

 

商品点数を足してみると、合計1万393点もありました!!

 

 

 

これ、もらったポイントで色々と買い物ができるので、

 

選ぶ楽しみがあって楽しそう・・・と思いましたが、

 

例えば家電などを見てみると、価格があまり安くないんです。

 

 

 

ネットやお店で買った方が安いなあ・・・というものが多いので、

 

私がざっと見たところだと、例えば家具はお店価格と同じものもあったので、

 

あまり値引をしないで売っているものを買った方がお得かもしれません。

 

 

 

お得だからといって、あまり必要性がないものを買ってもいけませんし、

 

本当に必要なものの中で、割高でないものを買うといいと思います♪

 

 

 

 

あと、次世代住宅ポイントは事業予算枠1,300億円も明示されていて、

 

内訳は、新築が1,032億円、リフォームが268億円となっています。

 

 

 

新築予算を35万円で割ると30万戸程度になりますので、

 

予算は年内、または年明けくらいまでかもしれません。

 

 

 

新築住宅を契約済みの方は、ポイント発行は早めにしておいた方がいいと思いますし、

 

これから新築住宅の契約をお考えの方は、10月、11月くらいまでのご契約を一つの目安と

 

考えておいた方がこの35万円を確実にもらえるからおススメです♪

 

 

 

無理に急ぐ必要はないですが、もらえるものはもらっておいた方がいいですよね♪

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.