2019.07.16 Tuesday

マイホーム新築時、「親に相談」 どうする? 【その2】

マイホーム新築時、「親に相談」 どうする? 【その1】 からの続きです。

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

 

 

昨日は、2011年にリクルートのSUUMOネットに掲載された

 

「マイホーム購入と親との関係」の記事を紹介しました。

 

 

 

データでみると、3人に1人は親に相談していて、

 

親に相談した方が資金援助を受けられる可能性が高まる、

 

同居よりも近居がトレンド・・・こんな感じでしたよね。

 

 

 

 

今日は、親に相談するべきか事後報告で済ますか、

 

また、相談する場合はどうすべきか、私なりの考えをお話しします。

 

 

 

 

私の考えとしては、基本は親に相談すべきだと思いますが、

 

親子の関係によっては、事後報告で良いケースもあると思っています。

 

 

 

両方のケースについて、順に説明していきたいと思います。

 

 

 

まず、基本は親に相談すべきという理由から書きますが、

 

親に相談する場合に一番大切なことは、どのタイミングで相談するかで、

 

住宅購入を検討し始めたら、すぐにでも親へ相談するべきなんです。

 

 

 

「そろそろ家が欲しいからモデルハウスでも見に行ってみようかな?」

 

 

もし、こんな話になったら・・・

 

モデルハウスやモデルルームを見に行く前に、まずはご自身の両親に相談しましょう。

 

 

 

 

親への相談をまず初めにするべき理由は、主に4つあると思います。

 

 

/討らの資金援助が資金計画に大きく影響してくる


∋餠皸奮阿離汽檗璽箸鬚靴討發蕕┐覯椎柔がある


親が原因で住宅購入が頓挫するケースが多々ある


た討侶亳海自分の住宅購入の参考になる

 

 

 

 

 

/討らの資金援助が資金計画に大きく影響してくる

 

 

昨日の記事にあった、リクルートのアンケート調査によると、

 

「ウチは親からの資金援助なんて絶対ない」と思っていた方でも、

 

親に話してみたら資金援助してくれてビックリ・・・という話がよくあるという

 

調査結果でしたよね。

 

 

 

調査によると、58.6%の親が子供の住宅購入に援助したいと回答していて、

 

それに対して親に相談した人は34.6%、実際に親から資金援助を受けた方は36%、

 

親と相談した方で資金援助を受けた方は63.2%、

 

親と相談しなかった方で資金援助を受なかった方は59.7%、

 

親は資金援助をしたかったのに、子供が親に相談してくれなかったから

 

資金援助をしなかったというケースが多いと思われます。

 

 

 

金額にもよりますが、親からの資金援助というと、数百万円単位が多いので、

 

資金援助があるかどうかで、選べる土地も建物も全く変わってきますので、

 

検討初期段階の内に確認しておきたいですよね。

 

 

 

「うちに限ってそんなお金はないはず」という人ほど資金援助があることは多いようなので、

 

だから可能性が低くても事前に探りを入れておくことが重要なんです!

 

 

親の資産って子どもには分からないものかもしれませんね。

 

 

資金援助の事前確認をせずに住宅会社と打ち合わせをしていて、

 

煮詰まってきてから、親に聞いてみたら資金援助があるとわかって、

 

計画が全く変わってしまい、今までの打合せは何だったの・・・となるよりは、

 

できるだけ早い段階、できれば家を見始める前に確認しておくといいですよね。

 

 

 

事前相談していなくても、結果的に親は援助してくれるかもしれませんが、

 

後々になって「どうしても予算が足りないから」と急に頼むよりも、

 

事前に話をしておいた方がお互いに対応しやすくて、気持ちいいですよね♪

 

 

 

 

【その3】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.