2019.05.23 Thursday

トヨタとパナソニック、住宅事業を統合!

この5月9日、業界激震!というようなニュースが出ました。

 

 

トヨタ自動車とパナソニックが、住宅関連事業を統合すると発表したのです!

 

 

2020年1月に共同出資会社を立ち上げ、ここに両社の住宅関連の子会社である

 

トヨタホーム、ミサワホーム、パナソニックホームズなどを移管する予定だそうです。

 

 

戸建て住宅では、ミサワが8位、パナソニックが9位、トヨタホームが10位なので、

 

単独では生き残りが難しいと考え、「住宅+ネット+車」で勝負しようと考えているようです!

 

 

 

トヨタとパナソニック両社が共同名義で出したニュースリリースの冒頭には、

 

家電や住宅設備などの急速なIoT化と、

 

自動車や公共交通機関などにおける、

 

ネット接続、自動化、シェアリング、電動化などの技術の急速な変化に対応していくため、

 

また、市場の競争激化が予想される住宅事情においては、

 

両社住宅事業の統合による事業基盤の強化が必要と書かれています。

 

 

 

これからの数年で、IoT(Internet of Things・・・アイ・オー・ティー)、

 

つまり、あらゆるモノ(家電や設備など)とインターネットがつながる時代がやってきます。

 

 

 

また、自動車や公共交通機関もネットとつながるのが当たり前になり、

 

自動運転もどんどん進んでいくでしょう。

 

 

 

今は、ちょうどその黎明期にあたると考えているのですが、

 

そういう時期だからこそ、そういう技術の進んだ会社で建てるかどうかは

 

住宅は、一度建てると何十年も住むものなので、

 

建ててから数年後に急速に普及してきたら、

 

もう少し後で建てればよかったなど、失敗したと思う可能性もあると思うのです。

 

 

 

そういう意味で、今回のパナソニックとトヨタ自動車の住宅事業統合は、

 

とても意義のあることだと思っています。

 

 

 

 

 

マツシタホームでは、メイン商品「SMARTie」で、

 

業界に先駆け、IoTに対応したAIスマートハウスを標準化しています。

 

 

 

 

トヨタ自動車とパナソニックが住宅業界での生き残りのために経営統合する中、

 

マツシタホームがこれからのIoT時代に生き残っていくためには、

 

これまで以上に、最先端の技術を研究し、時代の先を読みながら、

 

業界他社の一歩先を行く商品を発売し続けていきたいと思います。

 

 

 

これまでずっとそれを続けてきたことには誇りを持っています。

 

 

 

大手企業に比べ、判断と実行のスピードが圧倒的に早い、中小オーナー企業の強みと、

 

何より、研究力と自分自身の目利き力には自信がありますので、

 

これからも、業界を先端技術でリードし続けていく所存です。

 

 

 

「最高の家をあなたに」

 

 

 

その時代その時代で、実現し続けていきます。

 

 

 

 

 

トヨタとパナソニック両社共同名義のニュースリリース

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/05/jn190509-1/jn190509-1-1.pdf#search=%27%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0+%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0+%E7%B5%B1%E5%90%88%27

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.