2019.05.10 Friday

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その14】

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その13】

 

からの続きの記事です。

 

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

 

 

このシリーズでは、このGW、4/27に発売した「SMARTie2019」について、

 

ご紹介させていただきました。

 

 

 

このGW、4/27に発売したばかりの「SMARTie2019」の最大の特徴は、

 

スマートスピーカーやスマートリモコンなどを組み込んだ

 

「AIスマートハウス」であるということですが、

 

発売から2週間、なかなか好評です。

 

 

 

私自身がGWにご案内したお客様にお話しした感じも好評ですし、

 

発売以前に契約済みで、まだ仕様打合せ中の5〜6人に話してみましたが、

 

ほとんどの方から「追加費用で注文します」というご返事をいただきました。

 

 

 

私は記事に書いたように、これからどんどん普及していくと考えていますが、

 

現時点での普及率や、満足度はどうなのでしょうか?

 

 

 

株式会社電通デジタルが2018年12月に発表したアンケート調査

 

「スマートスピーカー利用実態調査」の調査結果レポートから、

 

国内の普及率や、満足度について、ご紹介します。

 

 

 

スマートスピーカーの発売が2017年秋だったと思うので、

 

この調査は発売から約1年後の調査で、またそれから半年経過しているため、

 

もう少し認知率や普及率が上がっていると思います。

 

 

 

 

約76%の人がスマートスピーカーの名前は知っているという一方、
内容や特徴まで理解している割合は約18%に留まっています。

 

 

 

 

 

 

スマートスピーカーの普及率は約6%。

内容や特徴を理解している人が18%しかいない割には高いですよね!
 

 

 

 

スマートスピーカーによる生活の変化について聞いたデータ。
「音楽をよく聞くようになった」と「生活が便利になった」が1位で、どちらも47%、
「簡単に情報が手に入るようになった」41%、「スマホやPCで検索する必要がなくなった」31%

 

 

 

 

購入前に期待を持っていたにもかかわらず、「幻滅」してしまった層は限定的で、
多くの所有者が事前の期待も大きく、購入後もおおむね満足している結果となっています。
満足している70%、どちらともいえない17.5%、満足していないは12.4%しかありません。

 

 

 

 

スマートスピーカーを持っていない理由。「スマートスピーカーを使って利用したいことがない」
「どんなことができるかよくわからない」「スマホやPCがあれば十分」の3つが32%〜36%。
よくわからないからが理由で、便利さの理解が広がれば一気に普及すると考えます。

 

 

 

 

電通デジタルのアンケート調査結果を見ると、

 

スマートスピーカーのことは3/4の方が名前は知っているが、

 

スマートスピーカーで具体的に何ができるのかとかの詳細は知らない方が82%、

 

つまり、8割以上の方はスマートスピーカーのある生活イメージはできてないんです。

 

 

 

スマートスピーカーの商品内容や特徴を知っている人が18%しかいない中で、

 

スマートスピーカーの登場から、わずか1年で普及率が6%ということは、

 

「商品内容や特徴を知った人の1/3の方が1年以内に購入している」

 

・・・すごくないですか?

 

 

 

実際には、「商品内容や特徴を知っている」と答えている人も、

 

本当によく知っている方はほんの一部しかいないと思うんです。

 

 

 

さらにいうと、購入した方だって、音楽を聴くなどの誰でもすぐに使える機能は使っていますが、

 

スマートリモコンを購入・組み合わせで、TVのオンオフやチャンネル変更や音量の上げ下げ、

 

DVDやエアコンの操作など、赤外線リモコンでの操作全てが音声で出来ることなどは、

 

ご存じない、または知っていてもよくイメージできていない方もいらっしゃると思うんです。

 

 

 

スマートスピーカーで圧倒的にリードしているのはアマゾンとグーグル、

 

それを追いかけるのが、アップルやソニーなど、世界のITの巨人たちが、

 

「スマートホンの次はスマートスピーカーだ!」と普及に力を入れています。

 

 

 

何より、私がマツシタホーム本社展示場のソファにお客様と一緒に座って、

 

「エコー、ルンバでリビングを掃除して」(以下はエコー略)「テレビをつけて」「音量を下げて」、

 

「○○の音楽をかけて」「○○市の天気予報を教えて」「○○の意味を教えて」、「○○〇×○○は?」

 

「○○国の現地時間は?」「○○(スマホ電話帳)に電話して」「○○を買いたい」「写真を撮って」、

 

「〇分のタイマーをかけて」、「○○のレシピを教えて」「カラオケを歌いたい」・・・

 

 

 

リビングのソファーに座ったまま、キッチンにあるエコーショーに話しかけるだけで、

 

色々な家電が動いたり、エコーショーに聞いたことに対する答えを返してくれるんです。

 

 

 

「これ・・・だんだん家じゅうの家事がソファに座ったままできるようになりますね!」

 

 

 

こう私におっしゃったお客様が2名ほどいらっしゃいましたが、

 

「その通りなんです! 」

 

私はこのように答えています。

 

 

 

なぜなら、IoT(アイ・オー・ティー・・・インターネット・オブ・シングス)と言うのですが、

 

これからは家じゅうの家電がネットにつながるようなると言われています。

 

 

 

今、自宅にwifiを入れている方が大半だと思いますが、

 

スマホやゲーム機、最近ではテレビなどもwifiの設定をするようになっていますよね。

 

 

 

エアコンも、高級機種はwifiとつながるようになってきています。

 

 

 

今後は、冷蔵庫や洗濯機、食洗器、給湯器・・・

 

多くの家電や設備がwifiにつながるようになるでしょう。

 

 

 

これこそが「IoT」で、wifiでつながると、

 

例えば、他の部屋からも、外出先からも・・・

 

スマホやパソコンを通じて家電や設備を操作できるようになりますし、

 

スマートスピーカーを通じて操作することもできるようになっていきます。

 

 

 

例えば、外出先から、帰宅時間にエアコンが効いているように設定したり、

 

外出先から、鍵を閉めたか?シャッターを閉めたか?照明を消したか?などの確認ができたり、

 

出先から、エコーショーを通じて部屋の様子を確認したり、

 

外出先の暑さで心配になり、自宅にいる高齢の親がエアコンのスイッチを入れたか確認したり、

 

様々なことができるようになるでしょう。

 

 

 

何年か先には、スマートスピーカーに話しかけるだけで、

 

もっともっと多くの家事ができるようになると思います。

 

 

 

これからご新築やリノベーション(大型リフォーム)をお考えになる方は、

 

スマートスピーカーやスマートリモコンは工事の時でなく別の機会にもできますが、

 

例えば、照明スイッチやシャッターなどは、新築工事やリノベーション工事の時にやらないと、

 

あとから工事を行うのは大変です。

 

 

 

また、ご自分で購入して設定される場合、

 

かなり詳しく調べられる方はそれなりにできるとは思いますが、

 

スマートスピーカとスマートリモコン、それに対応した家電や設備をどう組み合わせるといいか、

 

どういう設定にするとコマンドの認識率が良くなるか・・・

 

まだ普及が始まったばかりの現在、なかなか使いこなすのは大変です。

 

 

 

マツシタホームの「SMARTie2019」なら、

 

最適な組み合わせと、うまく使いこなすためのマニュアルと、当社からのご指導で、

 

リビングのソファに座ったまま話しかけるだけで、色々なことができたり、

 

家事が楽になったり、楽しくなったりします。

 

 

 

是非、マツシタホーム展示場で、体験してみてください!

 

 

 

心より、お待ち申し上げております♪

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.