2019.05.06 Monday

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その10】

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その9】

 

からの続きの記事です。

 

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

 

 

このGW、4/27に発売したばかりの「SMARTie2019」の最大の特徴は、

 

「AIスマートハウス」であるということ。

 

 

 

昨日までの記事で、「AI」や「スマートハウス」とは何か、

 

また「SMARTie2119」の「AI」機能、「スマートハウス」機能などについて書いてきました。

 

 

 

「SMARTie2019」には、メーカーが「AI」という言葉は使っていないものの、

 

とても賢い家電や設備が組み込まれていますので、そのあたりもご紹介したいと思います。

 

 

 

現在、マツシタホームの家の約80%に搭載されている大人気使用「e-Air全館空調」にも

 

賢い家電や設備が入っていますが、「e-Air全館空調」をご存じない方もいらっしゃると思いますので、

 

それらをご紹介する前に、今日は「e-Air全館空調」をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の仕組みをご説明いたします。

 

 

他の全館空調にはあまりないことなのですが、

 

「e-Air全館空調」は、夏と冬の空気の流れが違うんです。

 

 

 

 

冬の「e-Air全館空調」のイメージ。2階は、廊下側壁の天井近くから

天井に沿って暖気を吹き出し、部屋を循環させます。

1階は、冬季のみ、床下を循環させるエアー床暖方式としています。
 

 

 

 

 

冬の「e-Air全館空調」のイメージ。2階は、冬と同じで、

廊下側壁の天井近くから天井に沿って冷気を吹き出し、部屋を循環させます。

1階は、天井から冷気を吹き出し、LDK内を循環させ冷房します。

 

 

 

 

 

‐屋裏に断熱・気密した「クリーンエアールーム」を設け、

 

給気清浄フィルターとIAQ制御第一種熱交換型24時間換気システム、

 

14帖用高性能ルームエアコンなどを設置します。

 

 

24時間換気システムにより、外気は全てクリーンエアールーム内に給気されます。

 

 

 

 

第一種熱交換型24時間換気システムの前に設置された給気清浄フィルターにて、

 

粗塵防虫フィルターで虫類をキャッチした後、0.002舒幣紊諒質をほぼ全て除去し、

 

またフィルターに添着された緑茶カテキン・バイオ除菌機能によりウィルスを抑制し、

 

24時間換気システムに空気を送ります。

 

 

 

 

清浄化された外気は、24時間換気システム内の熱交換器により熱交換され、

 

室温に近づけた状態で、高性能ルームエアコン上部の吸気口上に吹き出します。

 

 

 

 

す眄能ルームエアコンは、給気口上に吹き出された清浄化・熱交換された空気を吸い込み、

 

冷暖房した空気を小屋裏クリーンルームに吹き出します。

 

 

 

 

ゾ屋裏クリーンルーム内の換気扇につながれた断熱ダクトにより、

 

清浄化されて冷暖房された空気を各居室に送風されます。

 

 

 

 

ξ簔繁爾気譴振気は、天井付近に設置された給気グリルにより、

 

各居室に清浄化され冷暖房された空気を吹き出し、部屋を循環した後、

 

ドアや引戸のすき間から廊下へ向かいます。

 

 

ただし、冬季の1階は床下に吹き出す、エアー床暖方式としています。
 

 

 

 

Ф調された空気は廊下を経由して、廊下や水回りを冷暖房した後、

 

24時間換気システムにより、屋外に排気されます。

 

 

排気される際には、換気システム内の全熱交換器により温度と湿度を回収し、

 

室内の温湿度の調整に役立てます。

 

 

 

 

┣鯵阿ら建物内に取り入れる外気量に対し、

 

小屋裏クリーンルームから各室に送風される空気量は5倍から10倍ほどにもなるため、

 

小屋裏クリーンルーム内は負圧になりますので、2階天井に吸気口を設け、

 

不足した空気量を2階天井の吸気口から小屋裏クリーンルーム内に回収します。

 

 

2階天井の吸気口には粗目のプレフィルターを設置し(2階から掃除しやすくするため)、

 

小屋裏クリーンルーム内のエアコン上に、微粒子除去フィルターを設置し、

 

外気と同じように0.002舒焚爾諒質をほぼ全て除去します。

 

 

 

 

2階天井の給気口下には、冬季に全室加湿するためにオフィス用の超大型加湿器を設置し、

 

加湿した空気を天井吸気口から小屋裏クリーンルームへ送ってクリールーム内を加湿、

 

クリーンルーム内の換気扇で断熱ダクトを経由して各居室に送ります。

 

 

暖房すると必ず乾燥する湿度の性質から、冬に暖かい家=乾燥するという常識を覆し、

 

湿度によりウィルスを抑制し、静電気やほこりの舞い上がりも抑え、

 

肌や建材や家具の木材にもやさしい、全室加湿できるシステムとなっています。

 

 

 

 

┥屋裏クリーンルーム内のルームエアコン上に吹き出す外気と、

 

2階天井からルームエアコン上に吹き出すリターンエアーは、エアコン上でミックスされ、

 

エアコンはミックスエアーを吸い込んで小屋裏クリーンルーム内を冷暖房します。

 

 

 

 

温湿度が調整されたクリーンエアーにより、健康にこだわる「e-Air全館空調」では、

 

ご家族が最も多く活動し、調理や食事も行われるため、最も空気が汚れやすく、

 

また、最も長い時間生活するLDKに天井埋込型空気清浄機を設置しました。

 

 

部屋の汚れをセンサーでキャッチし、さらに空気の汚れる時間を学習して、

 

汚れる時間の少し前から運転して汚れを広げることなくキャッチすることで、

 

運転時間を短縮、省エネにつながるエコナビ運転ができる優れものです。

 

 

 

 

APF7.0という超省エネルームエアコンの採用(全館空調用エアコンよりずっと省エネです)、

 

また、24時間型換気システム、各居室へ送風する換気扇(リビング用のみ除く)、加湿器、

 

空気清浄機には、AC(交流)100Vの約半分程度の消費電力で済む、

 

レア品であるDC(直流)モーター品を採用。

 

 

マツシタホームが徹底的にこだわる、省エネを極限まで追求しています。

 

 

 

 

 

最後に、「e-Air全館空調」全体のしくみをまとめて書きます。

 

 

 

0.002个箸いθ粒子を除去し、ウィルスを抑制し、熱交換を行った空気を、

 

小屋裏グリーンルームに設置された高性能ルームエアコンの吸気口上に吹き出し、

 

2階天井からの清浄化された(冬季は加湿もされた)リターンエアーとミックスされ、

 

ルームエアコンはミックスエアーを冷暖房して小屋裏グリーンルームに吹き出します。

 

 

 

0.002舒幣紊諒質を除去してウィルスを抑制し、冷暖房(冬季は加湿も)された空気は、

 

小屋裏グリーンルーム内に設置された換気扇により、断熱ダクトを通じて各居室に送られ、

 

各居室に非常にキレイで温湿度も最適化された健康的な空気を届けます。

 

 

 

しかも、省エネで家計にもやさしい、理想の全館空調、

 

それが「e-Air全館空調」なのです!!!!!

 

 

 

 

以上が「e-Air全館空調」の仕組みで、次に「e-Air全館空調」の特徴をご紹介します。

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の特徴

 

 

0.002舒幣紊諒質をほぼ除去、ウィルスも抑制した、徹底的にキレイな空気だけを

 

小屋裏クリーンルーム内のルームエアコンに取り入れて冷暖房(冬季は加湿も)、

 

全室に送風して全館を健康的な空気で満たし、家族の健康に役立ちます。

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の【e-Air】の意味のひとつは【いい空気】です。

 

 

屋外から室内に取り入れる空気は全て、

 

最初に小屋裏クリーンルーム内の給気清浄フィルターを通過します。

 

 

 

給気清浄フィルターは、空気中の0.002舒焚爾陵害物質を除去し、ウィルスも抑制し、

 

空気を清浄化します。

 

 

清浄化された空気は第一種熱交換型24時間換気システムへ送られて熱交換した後、

 

小屋裏クリーンルーム内のエアコンで冷暖房し、換気扇によりダクトを経由して

 

清浄化されて冷暖房された空気を全居室へ吹き出し、各室を冷暖房します。

 

 

 

清浄化された空気だけを吹き出す全館空調はあまりありません。

 

 

 

人が最も多く活動するLDKには、天井埋込型の空気清浄機も設置。

 

 

徹底的に空気の清浄化にこだわります。

 

 

 

体に最も多く取り入れるものは空気。

 

 

室内空気の質は、ご家族の健康を大きく左右するのです!

 

 

 

【Panasonic HPより】人が1日に摂取するものの中で最も多いのが空気ですが、
水や食物の安全性は気にしても空気の成分や安全性はなかなか気づかないもの。

 

 

 

 

【Panasonic HPより】人が生涯で摂取するものの57%は室内空気。
また、化学物質(有害)を摂取するのは、83%が空気なのです!

 

 

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の特徴

 

 

空気中の0.002舒幣紊諒質をほぼ全て除去してから換気・空調する「e-Air全館空調」は、

 

小屋裏クリーンルーム内のエアコンフィルター清掃を全く不要にし、他のフィルター清掃も激減、

 

通常は5年に1度清掃が必要な24時間換気システムや空調のダクトも全く清掃不要になります。

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の特徴

 

 

最も省エネな14帖用ルームエアコン1台で全館を冷暖房するから一番省エネな冷暖房、

 

第一種熱交換型24時間換気システム、換気送風ファン(リビング用除く)、超大型加湿器、

 

天井埋込型空気清浄機には、消費電力がAC(交流)の約半分になるDC(直流)モーターを採用。

 

「e-Air全館空調」は超省エネです♪

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の【e-Air】の意味の二つ目は【エコな空気】です。

 

 

全館空調用エアコンよりもずっと省エネなルームエアコンの採用、

 

→ルームエアコンは超省エネ機種の採用→超省エネ機種中でも最も省エネな14畳用の採用

 

→しかも1台だけだから電気代も少なくなります♪

 

 

 

また、第一種熱交換型24時間換気システム、換気送風ファン(リビング用除く)、超大型加湿器、

 

天井埋込型空気清浄機まで、消費電力がAC(交流)の約半分になるDC(直流)モーターを採用。

 

 

特に換気システムや換気扇では効果でレア品であるDCモーター品をこだわって採用。

 

 

居住後の毎月費用である電気代を徹底的に抑えています♪

 

 

 

 

 

「e-Air全館空調」の特徴

 

 

「e-Air全館空調」のもう一つのメリットは、エアコンの買い替えが1台だけで済むこと。

 

初期価格は高いと感じる方もいらっしゃいますが、買い替えを考慮すると逆に安いのです!
 

 

 

4LDKの全室エアコンの場合、LDKと主寝室に取付費込25万円の高性能エアコン、

 

その他3室に取付費込7万円の安価なエアコンを設置したとして、合計81万円。

 

 

 

「e-Air全館空調」なら高性能エアコン1台のみ。

 

 

 

家電量販店でも買い替え可能ですが、マツシタホームの方が安いです!

 

 

 

 

主な特徴を書き出してみましたが、

 

「e-Air全館空調」、聞けば聞くほどスゴイでしょう!

 

 

 

すごすぎて売れすぎ・・・今はちょっと忙しすぎのマツシタホームです♪

 

 

 

 

【その10】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.