2019.05.05 Sunday

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その9】

10連休GW!2019年新商品発売、今年はAIスマートハウス!【その8】

 

からの続きの記事です。

 

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

 

 

このGW、4/27に発売したばかりの「SMARTie2019」の最大の特徴は、

 

「AIスマートハウス」であるということ。

 

 

 

これまで「AIスマートハウス」についてご説明してきましたが、

 

今日は、エアコンの部分の説明漏れがあったので、それを書きます。

 

 

 

マツシタホームの家で採用する富士通「ノクリアX」は

 

学習するAIエアコンで、あとで説明するなんて書いてて説明していませんでした・・・

 

 

 

 

 

エッジ&クラウドAI搭載の次世代「ノクリア」。

これが、エアコンの未来型です♪

 

 

 

 

「エッジ」とか「クラウド」とか言われてわかる人もいますが、

 

わからない人の方が多いですよね。

 

 

 

ちょっとそこから説明をしてみますね。

 

 

 

 

パソコンソフトって、CDなどでソフトをパソコンにインストールして使うのが従来は主流で、

 

最近は、ネットからパソコンにソフトをダウンロードしてからインストールするのが多いですよね。

 

 

 

これらは、いずれもパソコンにソフトをインストールして、

 

そのソフトで作成したデータもパソコンに保存しますよね。

 

 

 

パソコンの性能が高くて処理速度が速いといいのですが、

 

パソコンが遅いとデータ処理に時間がかかってイライラしたりしますよね。

 

 

 

これに対して、クラウドコンピューティングというのですが、

 

ソフトもデータもインターネット上のクラウドサーバーにおいて、

 

ネットサービスの形態でアプリケーションを使うことで、

 

処理速度が遅いパソコン(スマホも同じ)でも同じような処理スピードが得られたり、

 

パソコンやスマホにデータがたまりすぎて動きが悪くなってしまうこともない、

 

また、ネット端末さえあれば、どこからでもソフトやデータを使うことができる、

 

これがクラウドコンピューティングの利点です。

 

 

 

利用者は、利用料金を支払うことで必要時に必要なソフトウェアを利用できる。
ソフト購入、インストール、更新作業、バックアップ作業などが不要になる。

 

 

 

 

 

 

 

次に、「エッジコンピューティング」について説明します。

 


エッジコンピューティングのエッジは「端」を意味する英語で、

 

パソコンやスマホなどの端末とクラウドとの間の、

 

より端末に近い位置(ネットワークの端)にデータを処理するエッジ基盤を配置し、

 

端末から送られるデータをエッジ側で分散処理した上で、

 

処理結果をクラウドと連携させるという考え方を指します。

 

 

データの蓄積と処理をすべてクラウドに集約するのではなく、

 

データが生み出される場所の近くの処理基盤に一部を任せることで、

 

データ処理のスピードをさらにアップさせる仕組みです。

 

 

 

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの違いのイメージ。

スマホなどの端末の近くで出来ることは近くでやって端末に返した方が早い、

さらにクラウドサーバーの負担も減るからさらに早い・・・こんなイメージです♪
 

 

 

 

コンピュータの専門家でもない私が、頑張って説明したのですが、

 

なんとなくでもイメージできたでしょうか?

 

 

 

 

イメージできたと信じて、「ノクリアX」の話に戻しましょう。

 

 

 

 

エアコン本体「エッジAI」と富士通「クラウドAI」が連携して機能するノクリアでは、

スマートホン接続や天気予報などインターネットのデータ活用が可能です。

 

 

 

 

 

「ノクリアX」AIエアコンの実際のメリットをご紹介しましょう。

 

 

 

ノクリアは、明日の天気予報からタイマー設定を提案し、スマホに通知してくれます。

 

 

 

しかも、過去の運転後の温度変化データから部屋の暖まり方を学習し、

 

設定した時間に部屋が快適になるように、AIが最適な運転開始時間を判断して運転します。

 

 

 

 

例えば、勤務先の昼休みにスマホを見ると、

 

「今日の帰宅時間帯は暑くなりそうだからタイマーを設定しませんか?」

 

地域の天気予報を元にノクリアからこのようなメッセージが届いています。

 

 

 

「そうなんだあ〜。じゃあ、帰る時間に快適になるようにタイマー予約しておこう」

 

 

こんな感じで活用が可能です♪

 

 

 

 

普段の温度設定、料理時間や睡眠時の温度設定、

 

熱がり寒がりの家族が帰ってきたときの温度設定など、

 

毎日のユーザーの使用データを学習し、その時間が来ると、自動で温度調節します。

 

 

 

 

例えば旅行に出かけたときにエアコンをつけっぱなしだったどうかの確認や、

 

電源のオンオフなど、スマホで全てできちゃいます♪

 

 

また、エアコンの電気代の確認もスマホからできます。

 

 

 

 

 

非常に暑い夏の日に、家にいるおじいさんが熱中症にならないか心配な時、


エアコンを運転したら家族のスマホに通知しする設定にしておき、

 

おじいさんがエアコンをちゃんとオンにしたのを確認し、家族が安心できる。

 

 

 

そんな見守り機能もあります。

 

 

 

 

 

この前の記事で書いた「ノクリアX」の素晴らしい機能、

 

もう一度ダイジェストを載せておきます♪

 

 

 

 

富士通のハイエンドエアコン「ノクリアX」。

機能で選んでこの機種なのですが、デザインもなかなか秀逸です♪

両サイドにはサーキュレーターが格納されています。

もちろん省エネ性能も業界トップクラスです♪
 

 

 

 

熱交換機を55℃以上に加熱し、湿熱効果(菌は湿熱に弱い)で

カビ菌や細菌を99%以上減少。業界で最も優れた方式だと思います。

 

 

 

 

 

スマートスピーカー対応エアコンです。

もちろん、エコーショー対応です!
 

 

 

 

かたちも操作も新しい、今までなかったエアコンリモコン。

置き型で、手をかざしてパッパと手を動かして操作します。

業界初のブルートゥース通信リモコンです♪
 

 

 

 

スマホをリモコン代わりにできるので、外出先から帰る際に運転させ、

家に着くころには空調された状態にすることもできます♪
 

 

 

 

 

これだけの素晴らしい性能や機能がある上に、このAIエアコンだから、

 

富士通エアコン「ノクリアX」、スゴイでしょう!

 

 

 

 

【その9】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.