2019.01.01 Tuesday

2019年元旦。今年はマツシタホームの真価を問われる年です。

新年、あけましておめでとうございます。

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

年中無休のマツシタホーム本社は、今年も元旦から営業しております!

 

 

 

マツシタホーム20周年だった2018年を終え、2019年がやってまいりました。

 

 

 

20周年記念フェアと、「e-Air全館空調」で絶好調だった2018年。

 

 

 

今年は、周年記念もありませんし、新商品もどうなるかはわかりません。

 

 

 

今年10月には消費増税が予定されており、

 

注文住宅は原則今年9月末までの引渡しが基準ですが、

 

その半年前の3月末日までに契約すれば、引渡しが10月以降になっても8%となっています。

 

 

 

増税前の駆け込みもあり、工事が遅れがちな増税直前の時期にご契約された方が、

 

工事が間に合うかどうかで消費税率がどちらになるかわからないことを

 

避けるための経過措置になっています。

 

 

 

今年4月以降に契約しても、9月末までに引渡しを受ければ8%が適用されるのですが、

 

消費増税直前のこの時期に、4月以降の契約で9月末までに引渡しというのは、

 

よほど人気がなく、暇な会社だけしかできないと思いますので、

 

事実上、今年3月までの契約が、消費税8%の期限と言っていいでしょう。

 

 

 

消費増税後は、ローン減税が現在の10年から13年に伸び、

 

その3年で増税分の2%分(それ以上は還付しない仕組み)を還付することになっており、

 

増税後も負担がほとんど増えないようになっていますので、

 

消費増税前の駆け込み&増税後の需要落ち込みは、

 

これまでの増税に比べて少ないのではと言われていますが、

 

ある程度の影響はあるでしょう。

 

 

 

この影響をいかに抑え、今年3月の増税前の駆け込み後、

 

4月以降の受注落ち込みをいかに抑えるかも、今年のテーマです。

 

 

 

 

というわけで・・・

 

マツシタホームにとっての今年2019年は、

 

20周年記念による受注拡大後の落ち込みをいかに避けるか、

 

消費増税後の落ち込みもどう回避するか、

 

まさに、マツシタホームの真価を問われる年だと考えています。

 

 

 

幸い、好材料はいくつかあります。

 

 

 

まず、昨年発売の「e-Air全館空調」が大好評で、

 

それによって受注が好調なこと。

 

 

 

私自身が営業の研修講師となっての研修を増やしており、

 

社員教育を充実させていること。

 

 

 

またそれもあって、新人営業たちがだいぶ育ってきて、

 

営業の戦力が増えてきていること。

 

 

 

ここで言えないプラス要因もいくつかありますので、

 

私自身、今年が楽しみなんです。

 

 

 

私自身が楽しみにしているマツシタホームの2019年、

 

お客様も是非、楽しみにしていてください。

 

 

 

本年も、是非、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 


 
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.