2018.11.07 Wednesday

競合させる住宅会社の見積もりはどう比べたらいいの?【その1】

注文住宅をご検討中の方は、数社から十社程度の住宅展示場を回られて、

 

何社かに絞って図面と見積もりを依頼する方が多数派だと思います。

 

 

 

展示場を回っている間、つまり見積もり作成依頼をする前に、

 

「御社の住宅はどのくらいの価格帯ですか?」

 

当然だと思いますが、住宅の建設費を聞く何らかの質問をされることがあるのですが、

 

「この質問に対してどういう答え方をしようかな?」

 

住宅営業の立場からするとこんなことを考えるものなんです。

 

 

 

それは、住宅建設費の答え方って、答え方が色々あるというか、

 

住宅営業の立場からすると、いくらでも言いようがあるともいえるんです。

 

 

 

お客様からすると、それではわかりにくくて困ったことだと思いますので、

 

住宅業界は、そこをわかりやすいようにするべきだと思っておりますが、

 

残念ながら、それが現状なんです。

 

 

 

注文住宅の建築費は、大きく分けると、

〃物本体工事費と、△修梁召旅事費や諸費用に分かれます。

 

 

 

しかし、これ以外にも、B斥杆発電システムの搭載費用(投資的費用)や、

 

ぅーテンやブラインドの設置費用、居室照明器具の設置費用、エアコン設置費用、

 

コ姐醜事(塀やフェンスや門、駐車場のコンクリートの工事など)や造成工事費用、

 

Ε蹇璽鵑篳欷院登記や税金などの諸費用、Ч垰費用や引っ越しなどの費用、

 

土地を購入される方は土地代や土地購入諸費用なども発生します。

 

 

 

このように実に様々な費用がかかるので、住宅営業マンがお客様に

 

「御社の住宅はどのくらいの価格帯ですか?」と聞かれた場合に、

 

1.)楝旅事費用を答える

 

2.+△鯏える

 

3.++い鯏える

 

4.+++イ鯏える
 

5.++Δ鯏える
 

6.++++Δ鯏える
 

7.+++++Г鯏える
 

実際に、このどのケースもあると思いますし、

 

の太陽光発電は、入れて言うこともあれば、入れないで言うこともあると思います。

 

 

また、これ以外の組み合わせで言ってくるケースもあると思います。

 

 

だから、お客様は、価格の仕組みを理解しておかないと、

 

A社で聞いた2,000万円という金額と、B社で聞いた2,500万円という金額と、

 

基準自体が違っていて、実は、B社の方が安かった・・・なんてこともあるんです。

 

 

 

だから、価格比較のやり方は、とても難しいんですけれど、

 

住宅会社選びの早い段階で知っておく必要があるんです。

 

 

 

 

あと、消費税込みの金額なのか、消費税別の金額なのかは、必ず確認しないとダメです。

 

 

 

例えば、税込み2,500万円と、税抜2,500万円は、

 

2,500万円の消費税8%は200万円もかかるので、

 

同じ税込みにすると200万円の差があるということになります。

 

 

 

消費税だけですごい差になってしまうので、

 

もし、○○○〇万円ですって口頭で言われたとしたら、

 

「それって、税込みですか?」という質問は、絶対しておかないとダメです。

 

 

 

「多分入っているだろう」という思い込みはトラブルのもとです。

 

 

 


【その2】へつづきます・・・

 

 

 

 


 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.