2018.10.11 Thursday

住宅の購入価格は、「LCC(ライフサイクルコスト)」で考えましょう!

LCC(エルシーシー)と聞くと、ローコストキャリア、

 

つまり格安航空会社を思い浮かべる方が多いと思いますが、

 

住宅の「LCC」というと、ライフサイクルコストということになります。

 

 

「住宅 LCC」で検索すると、ものすごくたくさんのHPが出てきますが、

 

そのHPを開いてみると非常によく出てくるのが、氷山のイラストなんです。

 

 

 

住宅のライフサイクルコストによく出てくる氷山のイラストの一例。

「建築費」は水面上に見えているが、「光熱費」「メンテナンス費」

「修繕費」などは、水面下にあってパッとは見えない状態です。
 

 

 

「氷山の一角」という言葉があります。

 

 

氷山は、水面の上に見える氷の容積より、水面下にある氷の方が大きいことから、

 

表面に現れている事柄は全体のほんの一部にすぎないということを指す例えです。

 

 

 

住宅の場合の「LCC(ライフサイクルコスト)」とは、

 

住宅価格は、イニシャルコスト(初期費用)と、ライフサイクルコスト(LCC)という

 

大きく分けて二つの見方があります。

 

 

イニシャルコストとは、住宅を新たに取得する際にかかる費用のことです。

 

 

一方、LCCとは住宅の寿命全体でみる価格のことで、

 

「建築費」「水道光熱費」「メンテナンス費」といった必ずかかる費用と、

 

「リフォーム費用」「解体費用」といった場合によってかかる費用があります。
 

 

 

家を建てる方は、本来は、このライフサイクルコストを考えて購入するべきなのですが、

 

家を建てる方は考えることがとても多く、

 

LCCについては先々のことを含みますからわかりづらいというのもあって、

 

どうしても足元のイニシャルコストが優先されがちです。

 



また、限られた収入の中で、住宅ばかりにお金をかけてばかりはいられません。

 

 

暮らしの中には居住コストのほかに、教育費や食費はもちろん、

 

生活を彩る旅行や趣味のお金も必要になります。

 

 

ですから、できるだけイニシャルコストを抑えるという判断になるのは、当然のことだと思います。

 

 

 

ただ、よく考えてみると・・・

 

現金で購入する方は別として、大半の方は住宅ローンを組まれるわけで、

 

イニシャルコストと言っても、毎月、分割で支払うわけです。

 

 

 

これまでの記事でもたくさん書いてきたように、

 

家の建て方で、水道光熱費も大きく変わってくるので、

 

毎月の支払う住宅ローンと水道光熱費の合計金額を安くということになると、

 

必ずしも、購入金額、つまりイニシャルコストが安いから、

 

毎月の支払(住宅ローン+水道光熱費)が安いということにはなりません。

 

 

 

そこに、昨日の記事で書いた、メンテナンス費用が5年ごと、10年ごと、15年ごと

 

といった定期的にあとからかかってくるわけで、住宅のイニシャルコストが安いから

 

生活が楽ということにはなりません。

 

 

 

LCCについてもしっかりと判断すべきなのです。

 

 

 

マツシタホームの家は創業以来、

 

このライフサイクルコストが最小になる家づくりを追求してまいりました。

 

 

 

これから家づくりをお考えの方は、

 

是非、マツシタホーム展示場でその詳しい話をお聞きになっていただきたいと思います。

 

 

 

目から鱗・・・という状態になる方もよくいらっしゃいます♪

 

 

 

絶対参考になると思いますので、是非、お待ちしております♪

 

 

 

 


 
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.