2010.02.26 Friday

「24時間換気システム」はメチャクチャ大事なのに・・・・・

先日、私が「住宅業界は間違っている」と思ったことが何度かあって、

そのうちの1回は2,000年頃と書きました。


2010.02.16ブログ 過去の話ですが、「数百円違いで泥棒に入られやすい家」
http://mhome-syatyou.jugem.jp/?eid=427#sequel





他の1回は、2003年7月のことです。



当時問題になっていた、シックハウス症候群の対策で、

建築基準法が改正され、24時間換気システムが事実上、義務付けられました。



この7月からの義務化直前の6月、規制前に駆け込みの建築確認申請が急増したのです。



住む人がシックハウスにならないために行った規制なのに、

その前に大量の駆け込み申請が行われるって、おかしいと思いません?




信じられないと思いませんか?



やっぱり、この業界は、恐い!!



シックハウス症候群とは;
新築や改築(リフォーム)直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気。
室内空気の汚染源の一つとしては、家屋など建物の建設や家具製造の際に
利用される接着剤や塗料などに含まれる有機溶剤などがあるとされている。
また、化学物質だけではなく、カビや微生物による空気汚染も原因となりうる。



まともな会社だったら、住む人の安全のための法改正が決まったら、

法の施工時期を待たずに、仕様を修正するのが当たり前ではないでしょうか?





ところで、シックハウス対策で義務化された、24時間換気の件ですが、

これ、シックハウスの件以外でも、ものすごく重要なんです。



現在、新築されている住宅は、高気密高断熱住宅といっている家でなくても、

気密性が高くなってきているんです。



24時間換気が義務付けられた今、各社の住宅の設計は、

24時間、換気システムが回っていることが前提になっています。



実際、気密性の高い住宅では、24時間換気システムを止めた途端に

窓などに結露をし始めることが多いのです。



住宅の表面の見えるところに発生する結露ならいいのですが、

壁の中に発生する結露、この「壁内結露」がおきたら大変です。



この壁内結露が原因で構造材が濡れてしまうことで、

構造材が、腐食したり、湿気を好むシロアリを呼んだり、

最悪のことが起きてしまうことがあるのです。



そして、住む人が24時間換気システムを止めてしまったことが、その原因であれば、

こういったことが、保証対象外となってしまう可能性があるのです。



それだけ、大変なことなのですが、

お客様には、ほとんど認知されていません。





それから、もう一つ、問題があります。



それは、換気システムのフィルター清掃。



フィルター清掃をしないと、フィルターが汚れてきます。



フィルターがどんどん汚れていくと、

計画換気システムが計画通りの換気をしなくなっていき、

だんだん、換気しない状態に近づいてきます。



汚れがひどくなってくると、フィルターに結露することもよくあり、

そうなると、ほぼ換気しなくなります。



そうすると、24時間換気システムのスイッチを切ったと

同じことになってしまい、やはり壁内結露の可能性が出てくるんです。





マツシタホームでは、この24時間換気システムをきちんと作動させるために、

「ずっと3ヵ月ごと定期訪問」をはじめたんです。



24時間換気システムのスイッチを止めないでください、

24時間換気システムのフィルター清掃をして下さい、

お引き渡しの時に、お客様に大変なことになる可能性がありますからとお話ししても、

特に、フィルター清掃をやっていただけないお客様が多いのです。



定期的に訪問することで、管理をちゃんとしてもらおうというのが、

「ずっと3ヶ月ごと定期訪問」をスタートしたきっかけなのです。



とにかく、

。横柑間換気システムのスイッチを止めないこと。

■横柑間換気システムのフィルター清掃を定期的にすること。



こういった、大きな問題点を解決するために始めた「ずっと3ヶ月ごと定期訪問」ですが、

コスト的に大変じゃないの?って、お客様からよく聞かれる質問です。



本社だけでも、現在、800棟以上の「ずっと3ヶ月定期訪問」を行っていますが、

2名の専任担当(大工さんのリタイア組などのベテランを担当にしています)がいて回っています。



本社エリア10年で800棟ですが、今後、10年、20年と続いていくと、

負担になってくるんではないかという心配があると思います。





でも、いいんです。



オーナーさんと良い関係を保ちつつ、年数が経ってくると、

アフターの売上もそれなりに発生してきますし、

また、「ずっと3ヶ月ごと定期訪問」を真面目にやっていると、結構、お客様紹介も出るんです。



何事も、お客様のためになるサービスを一生懸命、真面目に行っていると、

それなりには商売になるものなんです。



まあ、私も一応、経営者の端くれですから。



2010.02.21ブログ 理想的な紹介パターン。 ※ずっと3ヶ月ごと定期訪問から紹介が出た例
http://mhome-syatyou.jugem.jp/?eid=460#sequel





 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.