2018.08.04 Saturday

ローコスト住宅と高級住宅の違いってどうなの?【その17】

ローコスト住宅と高級住宅の違いってどうなの?【その16】からの続きです。

 

恐れ入りますが、前の記事から読んでいただけたら幸いです。

 

 

 

大手住宅メーカーの36坪・3,200万円の家と、

 

ローコスト住宅メーカーの36坪・2,200万円の家で、

 

どこがどう違うのかを考えてみますということで、

 

 

1.外観デザインや外装材など外装まわりについて

 

2.構造について

 

3.内装まわりについて

 

4.設備について

 

5.性能について

 

5-1 断熱性能について

 

5-2 防火性能

 

5-3 防犯性能について

 

5-4 バリアフリー性能について

 

5-4 バリアフリー性能(階段のバリアフリー)について

 

5-5 空気環境(シックハウス対策・換気)について

 

 

と進んできて、最後の5−5の空気環境について、

 

シックハウス対策について、換気システム全般についての説明が終わり、

 

次は、大手住宅メーカー、ローコスト住宅メーカー、そしてマツシタホームは、

 

それぞれどんな換気システムを採用しているかについて書くということで、

 

昨日は大手住宅メーカーの換気システムについてを書きました。

 

 

今日は、ローコスト住宅メーカーの換気システムを書きます。

 

 

 

 

5-5空気環境(シックハウス対策・換気)について

 

【ローコスト住宅メーカーの換気システム】

※神栖地域にある主な会社を書きます

 

 

 

●タマホーム

 

24時間換気システム・・・第1種、ダクト式。熱交換型。

 

 

 

●アイフルホーム

 

第1種ダクトレス熱交換換気システム・・・第1種、ダクトレス。熱交換型。PM2.5対応。

※寒冷地のみダクト式と書いてありました。

 

 

 

●レオハウス

 

24時間換気システム・・・第1種、ダクト式。熱交換型。 ※ツーバイフォーは3種

 

 

 

●アイダ設計

 

24時間換気システム・・・第3種、ダクトレス。

※各室に給気口を設け、浴室換気乾燥機とトイレの排気のみのシンプルプラン。

 

 

 

●桧家住宅

 

ココチE・・・第1種、ダクト式。熱交換型。

※床下に換気ユニットを置き、床下に空気を経由させるタイプ

 

 

 

●パパまるハウス(桧家住宅のグループ会社)

 

ココチE・・・第1種、ダクト式。熱交換型。

※床下に換気ユニットを置き、床下に空気を経由させるタイプ

 

 

 

●ウィザースホーム(新昭和)

 

全熱交換型24時間換気システム・・・第1種、ダクト式、熱交換型。花粉・PM2.5対応、DCモーター。

 

 

 

●クレバリーホーム(新昭和のフランチャイズ)

 

全熱交換型24時間換気システム・・・第1種、ダクト式、熱交換型。花粉・PM2.5対応、DCモーター。

 

 

 

●ノーブルホーム

 

熱交換換気システム・・・第1種、ダクト式、熱交換型。

 

 

 

●ワールドハウス

 

24時間換気システム・・・第3種?

※メーカーHPには情報がなくて、口コミサイトに第1種はオプションとありましたので、未確認です。

 

 

 

●ヤワタホーム

 

四季風・・・第1種、ダクト式、熱交換型。PM2.5対応。

※標準仕様かオプションかは不明

 

 

 

 

こうしてみると、ローコスト住宅メーカーは、一部の例外を除き、

 

換気システムは、大半が第1種換気で熱交換型になっています。

 

 

 

昨日書いたように、大手住宅メーカー9社では、第1種が4社、第3種が5社、

 

第3種が標準仕様の会社は、第1種がオプション設定されている場合が多く、

 

ローコスト住宅メーカーの方がむしろ良いものが入っているという意外な結果でした。

 

 

 

なぜなんでしょうね?

 

 

 

私も「それはこういう理由です」という確定的なことはわからないので、おそらくですが・・・

 

ローコスト住宅のお客様の方が設備にこだわる傾向がはっきりあるからじゃないでしょうか。

 

 

 

気密工事がしっかりしていれば、第3種換気で問題はなく、

 

外気をどこから給気してどこを通って排気するという換気計画をより確実にするためには、

 

第1種換気の方が換気計画通りに行きやすいという感じですので、

 

大事なのは換気計画全体がきちんとしているかどうか、

 

気密工事など適切な施工が行われているかどうかです。

 

 

 

うがった見方をすると、

 

ローコスト住宅は機械をよくすることで心配ないように見せている・・・

 

そんなことはないでしょうが、換気システムが良いから全て良いというわけではありません。

 

 

 

でも、換気システムが良いに越したことはないですから、

 

換気システムはローコスト住宅メーカーが頑張っている部分と言っていいと思います。

 

 

 

 

【その18】に続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.