2018.07.18 Wednesday

ローコスト住宅と高級住宅の違いってどうなの?【その1】

実は、2010年にも同じようなテーマで記事を書いたのですが、

 

当時と今とでは住宅価格がかなり上がりましたし、住宅そのものも変わってきていますので、

 

あらためて現状の話を書かせていただきます。

 

 

 

6月終わりに次のような記事を書かせていただきました。

 

 

2018.06.28 Thursday
住宅価格が大幅に上昇していることはご存知でしょうか?
http://mhome-syatyou.jugem.jp/?eid=4514#sequel

 

 

 

この記事に書いたように、大手ハウスメーカー8社の床面積と住宅価格は、

 

2009年が平均40.0坪で2,974万円(坪単価74.4万円)、

 

2017年が平均39.5坪で3,505万円(坪単価88.7万円)、

 

床面積はほとんど変わってないのに(0.5坪の微減)、

 

住宅価格で約530万円、坪単価で約14万円も上がっています。

 

 

 

 

おおざっぱにわかりやすく言うと・・・

 

大手メーカーの住宅価格は、8年前が平均3,000万円、現在が3,500万円なんです。

 

 

 

 

では、ローコスト住宅メーカーの価格は、どのくらいでしょうか?

 

 

 

 

・・・その前に、大手ハウスメーカー、ローコスト住宅メーカーと言っても、

 

どこからどこまでの会社を言うのかわからないという方も多いと思いますので、

 

そこの話から行きましょう。

 

 

 

 

元々は、「大手ハウスメーカー」といえば、前述の大手8社のことを言っていました。

 

 

 

 

その次に、住友不動産、東急ホーム、三菱地所ホーム、エス・バイ・エル、トヨタホーム、

 

スウェーデンハウス、一条工務店、東日本ハウス、三洋ホームズなどの

 

全国展開の「準大手メーカー」といわれるハウスメーカーがありました。

 

 

 

 

大手、準大手のハウスメーカーと古くからある中小工務店の他は、

 

様々なホームビルダーといわれる地域の有力住宅会社が多数できていましたが、

 

1980年代ごろまでは、価格は、高い会社もあれば、安い会社もあって、色々という感じでした。

 

 

 

 

 

その後は・・・

 

1980年頃から、本部がコストダウンを目的に住宅の設計や仕様を規格化し、

 

加盟した各地の工務店などが、統一ブランドで販売、建築していくという、

 

全国展開のフランチャイズ(コンビニのように各店のオーナーが本部に加盟する方式)

 

展開する会社がたくさんできてきて、ローコスト住宅というジャンルが確立していきました。

 

 

 

 

というわけで、ローコスト住宅といえば、フランチャイズ方式が中心だったわけですが、

 

その後、フランチャイズのやり方を研究し、自社でローコスト住宅商品を企画開発し、

 

自社で販売・建築していく会社がどんどん増えていき、

 

元は中小工務店の集まりであるフランチャイズ方式の会社よりも、

 

強力な販売力を発揮して棟数を伸ばす有力ビルダーがどんどん育ってきます。

 

 

結果として、フランチャイズ方式の会社は棟数を減らし、立場が逆転していきました。

 

 

 

 

 

 

そして現在は、準大手の中から一条工務店が抜け出して業界トップクラスの棟数へ成長し、

 

また、ローコストビルダーの中からタマホームが大手メーカー並みの棟数へ伸ばし、

 

ローコスト住宅専門ながら、大手メーカーの一角となってきました。

 

 

 

 

現在では、相変わらず大手8社と呼ばれている、

 

積水ハウス、大和ハウス、住友林業、セキスイハイム、ヘーベルハウス、

 

ミサワホーム、パナソニックホームズ(旧パナホーム)、三井ホーム、

 

少し毛色が違う一条工務店とタマホームを含めて大手10社と呼ばれたりしています。

 

 

 

 

それに続く準大手が、トヨタホーム、住友不動産、東急ホーム、三菱ホーム、

 

ヤマダ・エスバイエルホーム、スウェーデンハウス、日本ハウスHD(旧東日本ハウス)、

 

大成建設ハウジング、サンヨーホームズあたりです。

 

 

 

 

多数の県にまたがる広域ビルダーとしては、桧家住宅、アキュラホーム、新昭和、

 

土屋ホーム、フジ住宅あたりが有名どころでしょうか。
 

 

 

※飯田グループなど、パワービルダーと呼ばれる建売住宅中心の会社は除外しています。

 

 

 

フランチャイズ方式のメーカーとしては、

 

アイフルホーム、レオハウス、クレバリーホーム(新昭和さん運営)、

 

ユニバーサルホーム、セルコホーム、アエラホームあたりが主なところだと思います。

 

 

 

 

ここまでは、全国規模またはそれに近い会社を書いてきましたが、

 

マツシタホーム本社のある神栖に展示場を構える地域ビルダーとしては、

 

ノーブルホームさん、ワールドハウスさん、ヤワタホームさんなどがあります。

 

 

 

 

【その2】へ続きます・・・

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.