2018.07.03 Tuesday

ああ、日本代表・・・惜しかった、残念!

サッカー日本代表、いやあ、惜しかったですね・・・

 

 

 

深夜3時からの試合開始でしたが、

 

皆さんは、ご覧になられましたか?

 

 

 

私は、きっと日本中の多くの人がそうしたと思いますが、

 

いつもよりは早く帰って、少し寝て、3時に起きて観戦しました。

 

 

 

 

いやあ、2点取ったときには、勝ったと思いましたよね!

 

 

しかも、1点目、2点目とも、流れの中からの得点で、素晴らしい点の取り方でしたよね♪

 

 

 

 

1点目は、後半3分、(アントラーズ出身!私がサイン色紙を持ってる) 柴崎選手からの

 

相手ディフェンダーが取れそうで取れない魔法のようなスルーパス!

 

 

原口選手に相手ディフェンダーが追いついた・・・そのままドーン!!!

 

 

まるで強豪国を見ているかのような素晴らしいゴールが決まって、1点リード。

 

 

 

 

ただ、後半始まってすぐだったので、ちょっと時間が早すぎるなあ・・・と思いました。

 

 

日本は強い相手から、リードを守り切る戦い方が苦手なので、

 

まだ残り時間があり過ぎる・・・

 

 

 

もう1点欲しい・・・

 

 

 

 

そう思っていたら、すぐにアザールの強烈シュートがゴールポストに当たって、命拾い!

 

 

 

ベルギーが攻めてきている今がチャンスと思っていたら・・・

 

 

 

 

 

後半7分、その時はやってきました。

 

 

 

香川のパスを受けた乾が得意の右隅にゴール!!!

 

 

 

 

優勝候補のベルギーに対して、なんと日本代表が2対0とリード!!!

 

 

 

 

盛り上がりましたよね!!!!!

 

 

 

 

私も、1点目、2点目と、両方大声で叫んでしまったので、

 

たった4分間の2点で、喉が痛くなってしまいました・・・

 

 

 

 

ただ、私は、ここで、不覚にも・・・

 

5年前のザックジャパン対イタリア戦を思い出してしまいました。

 

 

 

イタリア代表を相手に、あの時は前半に2点を先行して、

 

前半終了間際から後半頭にかけて3点を奪われ、

 

一度は追いついたものの、最後に勝ちこされて負けた試合です。
 

 

 

ドーハの悲劇以来、リードを守り切れないことが多く、

 

逃げ切りが苦手なイメージが付いてしまっている日本代表なので、

 

心配が頭をよぎってしまいました。

 

 

 

 

ただ、国際経験を積んだベテラン揃いの今の日本なら、

 

逃げ切ってくれるんじゃないか!!

 

 

 

 

それが・・・

 

 

 

それを壊したのが、あの、ベルギーの1点目でしょう。

 

 

 

後半24分、ゴール前の混戦から左にこぼれたボールを、

 

パスなのか当たり損ねのヘディングシュートなのか・・・ボールは山なりの放物線を描き、

 

GK川島の頭上をふわりと越えてゴールイン・・・

 

 

 

1点差。

 

 

 

 

 

あのベルギーの1点目がポイントだったように思います。

 

 

当たり損ねのヘディングが、偶然入ってしまった。

 

 

 

あれは、私たちサポーターもそうですが、

 

きっと選手も精神的にショックだったと思いますよね。

 

 

 

あれで試合の雰囲気がガラリと変わってしまいました。

 

 

 

日本は、あれで焦ってしまったと思いますし、

 

ベルギー選手は「ラッキー、運は自分たちにある」「あと1点」、

 

疲れが軽くなるくらいポジティブになれるゴールだったと思います。

 

 

 

そして、後半29分、左クロスに、交代で入った1メートル94の長身フェライニが

 

中央からのヘディングで同点。
 

 

 

後半36分、日本が選手交代。

 

 

柴崎→山口、原口→本田。

 

 

 

決定的なパスの出し手として、柴崎は残してほしかったなあ・・・

 

 

 

 

そして、後半終了間際の最後の場面、

 

カウンターを食らって、The end.

 

 

 

あそこは、惜しい本田のフリーキックがあって、その後のコーナーキック、

 

本当は、そこで時間を使って試合を終わらせるべきだった。

 

 

 

しかし、コーナーキックは蹴られ、試合再開、

 

ベルギーの名キーパークルトワのパスからの速攻。

 

 

 

そして、日本は前に人が集まり過ぎていた・・・

 

 

 

あそこで自陣にディフェンスをもう少し残しておいてほしかった・・・

 

 

 

・・・とにかく残念、残念、残念。

 

 

 

ワールドカップベスト8が目前まで来て、逃げて行ってしまいました。

 

 

 

もう少しで、歴史が変わる証人の一人になれるところでしたよね。

 

 

 

でも、何事も一歩、一歩です。

 

 

 

今回の日本代表の大活躍を機に、日本に優秀な外国人を呼べるように努力するとか、

 

今回の反省点を総括して、今後の育成に活かすとか、

 

今回の大健闘を次につなげていきたいですね。

 

 

 

 

次のワールドカップは、ベスト4を目指しましょう!

 

 

 

 


 
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.