2018.06.29 Friday

日本、決勝トーナメント進出! ただ、あの戦い方は・・・どう思いましたか?

日本時間で昨日の23時に始まったサッカーワールドカップ日本戦で、

 

日本は残念ながらポーランドに0対1で敗れましたが、

 

コロンビアに次ぐ2位を争ったセネガルと、

 

日本は勝ち点、得失点、得点数、当該対戦成績すべてで並んでしまいましたが、

 

フェアプレーポイントで日本が上回って、日本の決勝トーナメント進出が決まりました!

 

※フェアプレーポイントとは・・・

警告=マイナス1点、2度目の警告で退場=マイナス3点、

一発退場=マイナス4点、警告後の一発退場=マイナス5点

合計ポイントの少ない方を優位とする

 

 

決勝進出、おめでとうございます!

 

 

 

ただ、試合の最後の15分・・・皆さんはどう思いましたか?

 

 

 

59分にポーランドに先制ゴールを決められてしまい、0対1になった時点で、

 

同時刻にキックオフしたセネガル対コロンビアはまだ0−0でしたので、

 

この時点でセネガルが首位に躍り出て、コロンビアが2位、日本は3位に転落しました。

 

 


その直後に、宇佐美から乾にスイッチしましたので、

 

この時は、あくまでも同点に追いつくための策だったと思います。

 

 

 

それが・・・残り時間が15分ほどになって、コロンビアがに先制したことで、

 

コロンビアが首位となり、勝点4でセネガルと並ぶ日本が、

 

フェアプレーポイントの差で2位に浮上しました。

 

 

 

この時点で、西野監督は、このまま0対1で試合を終わらせることを決断し、

 

選手たちに伝え、選手たちは監督の指示通り、危なげなくパス回しをするだけで、

 

試合を終わらせました。

 

 

 

ポーランドは日本戦の前に予選敗退が決まっていて、

 

最後に1勝したいところだったポーランドとしても、

 

日本に付き合ってパス回しだけに終始し、お互い責めずに最後の15分が終了し、

 

その後、コロンビア対セネガルが1対0のまま終わったことで、

 

日本が予選2位で決勝に進出しました。

 

 

 

 

最後の15分、私は、正直・・・とても嫌でした。

 

 

SAMURAI  JAPAN・・・サムライの名が泣くと思いました。

 

 

 

ただ、西野監督の決断は、決して、間違った決断とは言えないと思っています。

 

 

決勝トーナメント進出に対して、確率の高い方法を選んだのでしょうし、


結果として、決勝に上がるという勝負には勝ったわけですで、

 

よかったという人が多いのもわかります。

 

 

 

ただ、私は、少なくとも、あれでよかったんだという人と、

 

あれは違うという人もいて、というのが正常な社会だと思っていて、

 

そして私は、後者の方を支持します。

 

 

 

コロンビアがセネガルに勝ってくれることが前提の作戦だったので、

 

完全な他力本願を前提にあのような試合をするべきではないと思いますし、

 

やっぱり、あのような無気力試合を見せるのは、世界中の観客にも失礼だと思います。

 

 

 

日本のような、世界に誇るべき、長い歴史と文化を持ち、

 

武道など、少なくとも一部には武士道精神も残っているも日本が、

 

あのような戦い方をするべきだはないと思いました。

 

 

 

 

お互いを思いやる心や、おもてなしの心を持ち、非常に清潔で、

 

電車が世界一正確な時間に来るなど、契約書にない約束まできっちり守ってくれる国、

 

スタンドのゴミを拾って帰るなど、世界が驚く素晴らしい行動を普通に行える国・・・

 

世界に称賛されるような日本文化だったはずが、あれでよいのでしょうか?

 

 

 

今は、何でも結果が出さえすればいい・・・という風潮があるような気がして、

 

西野監督の作戦は、勝負師が勝負に徹したことで、勝てた!という話が多い感じですが、

 

私は、勝てばよいというものではなく、誇りを持てる戦い方で全力で勝ちに行く、

 

それを徹底してやったにも関わらず、結果は負けだったとしたら、

 

それはそれで素晴らしかった!と言いたいです。

 

 

 

 

私は、昭和の精神論がどうしても強く残っている部分があるので、

 

今の考え方とは違う部分があるとは思います。

 

 

 

ただ、これから、日本では、大幅な人口減少が見込まれ、

 

経済大国から、小さくても素晴らしい文化を持つ、精神的に豊かな国へ

 

変化していかなくはならないと言われている中で、

 

私は、将来の日本が、世界から称賛されるような考え方と行動を行える国だったら、

 

とても素晴らしいなと思っています。

 

 

 

 


 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.