2018.04.28 Saturday

「e-Air全館空調」は、「IAQ」向上でご家族が健康に暮らせます!!【その1】

マツシタホームが昨日発売した新商品、

 

「SMARTie2018」「MAMORie2018」「estie2018」

 

 

今年の新商品の目玉は、断熱や空調で有名な兵庫県の松尾和也先生のご指導を受けて

 

開発した「e-Air全館空調」です。

 

 

 

e-Air全館空調では、全館空調とエアー床暖、そして、家全体の空気の質を高めるため、

 

パナソニック社の「IAQ(Indoor Air Quality)向上の考え方を採り入れています。

 

 

 

パナソニック社の換気・送風機器カタログは、表紙から5ページ目まで、

全てこの「IAQ」の内容ですべて埋められています。
 

 

 

 

各国で室内空気内の健康に影響を及ぼす可能性のある汚染物質について

ガイドラインが定められています。
 

 

世界各国の「IAQ」ガイドライン ※日本はゆるめの基準ですね・・・

http://sumai.panasonic.jp/air/kanki/iaq/guideline.html

 

 

 

 

日本の建築基準法では、燃焼ガスとホルムアルデヒドくらいしか規制がない・・・

「外から不要物質を入れない」給気、「菌の抑制や健康快適気流を作る」循環、

「室内の不要物質を排出する」排気で、最適なIAQをご提案します。
 

 

 

 

パナソニックのおうちまるごとIAQ(Indoor Air Quality)
高性能な微粒子用フィルターを搭載した製品などを使った空気対策は必要か?
約7割の方が、高性能フィルターを使った空気対策を支持しています。

 

 

 

 

 

 

平成28年度省エネ対象受賞/2015年度グッドデザイン賞受賞
IAQ制御搭載の熱交換器システムが日本の四季に対応した
最適な換気により、快適でエコな空気環境づくりを実現します。

 

 

 

 

 

他の換気システムにはない、自動運転で季節に合わせたIAQ自動制御♪
 

 

 

 

春秋の室内外の温度差が小さい時は給気風量はそのままで排気風量を絞り、
消費電力を抑えます。冬季は外気温が室温より低くなり、隙間風などの自然
換気量が増えます。給気排気ともに風量を絞り、消費電力を抑えます。

 

 

 

 

室内に取り込む給気量を変えずに、排気量を減らすことで、室内の空気圧が

高まり、窓や玄関ドアを開けた時の花粉や粉塵(PM2.5)の侵入を抑えられます。

 

 

 

 

夏の涼しい夜などは別熱交換気せず涼しい外気を別ルートで部屋に送ります。
窓を閉めたままでも、夜の涼しい空気を感じながら眠れます。他にはない機能です♪
 

 

 

 

スゴイでしょう!!

 

 

 

パナソニックならではの技術ですよね♪

 

 

 

実は、まだまだあるんですよ〜

 

 

 

続きは明日・・・または、すぐに聞きたい方はマツシタホーム展示場へお越しくださいませ♪

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.