2017.10.19 Thursday

マツシタホームの考える「住宅デザイン」とは?【その9】

マツシタホームの考える「住宅デザイン」とは?【その8 からの続きです。

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてから、読んでいただければ幸いです。

 

 

 

前回までの話しは、デザインの美的要因(他は機能的・経済的・技術的要因)では、

 

デザインのオリジナリティの高さにこだわるとその分コストもかかるので、

 

どこにどこまでこだわりたいのかによって、

 

コストの割り振り方を考える必要があるという話を書いてきて、

 

前回は、割り振りの前の話として、外壁だけは、100万円以上のコストアップでも、

 

可能な限り、総タイル外壁にするべきですという話を書きました。

 

 

 

 

今日は、どこにどれだけの話を書いていきます。

 

 

 

まず最初に、建てたい広さに対して全体予算(その7に書きました)に余裕があるかどうか、

 

オリジナリティの高さにどこまでこだわっているかと全体予算のバランス、

 

この2つを検討しなくてはなりません。

 

 

 

広さに対して全体予算の余裕が全くなければ、オリジナリティを高めるのは難しいですし、

 

オリジナリティに徹底的にこだわりたい方は、それだけ全体予算に余裕が必要ですので、

 

この2つの要素から、場合によっては、面積を縮小した方が良い場合もありますので、

 

それも検討したうえで、要望に対する全体予算のバランスに関して、

 

お客様とすり合わせを行います。

 

 

 

ここまでの検討で、広さと、オリジナリティの高さと、全体予算のバランスが

 

ある程度見えてきますので、どの程度、美的なデザインにコストをかけられるかも

 

見えてきます。

 

 

 

 

デザインにかけられるコストが見えてくると、

 

次に、そのコストをどこにどれだけ割り振るかということに進みます。

 

 

 

この記事の【その5】に書きましたが、美的要因の中には、

 

住む人たちの好みの素敵なデザインで暮らしの質を上げる

 

「住む人が心地よいデザイン」という側面と、

 

(通行人や来訪者など)他の人から見ても美しい、

 

つまり「見られるデザイン」の面があります。

 

 

 

そのどちらを優先するかについては、

 

もちろん、お客様のご要望をお伺いして、それを参考にはするのですが、

 

仮に、お客様が「自分たちが住んで心地よいと感じればそれでよいので、

 

外観もインテリアも人が見てどうこうは気にしない」と言われたとしても、

 

「見られるデザイン」も意識してデザインした方が、

 

居住後の満足度が絶対高くなるという話しも【その5】に書かせていただきました。

 

 

 

ただ、「見られるデザイン」を非常に気にするお客様と、あまり気にしないお客様とでは、

 

当然、かけてよいコストも変わってきますので、それももちろん考慮します。

 

 

 

「見られるデザイン」の要因では(その6に書いたように)、見られる人数順に、

 

ヽ梓僉↓玄関、リビング(LDK)、1階トイレおよびリビングからトイレまでの動線、

 

この順になるので、その人数の多さや、お施主様の特によく見せたい相手も考慮しながら、

 

「見られるデザイン」の面で、どこにどれだけコストをかけても良いのかを考えます。

 

 

 

 

あとは、「住む人が心地よいデザイン」の観点では、

 

お客様がどこにどれだけこだわりたいかをお聞きするのですが、

 

お話しを聞く以上に、多数の写真を見ていただき、その反応をよく見ることで、

 

ご本人が本当に満足されるデザインがどこにあるのか、

 

また、デザインによって、どこまで満足度を上げられるかを感じ取ります。

 

 

 

これは、デザイナーの経験と、レベルがものをいう部分になります。

 

 

 

お客様から言われたご要望を実現することは当たり前として、

 

言葉にできなかった潜在的なご要望と、

 

ご要望にはない別のデザインをご提案することで、

 

お客様のご要望をはるかに超える満足をご提供することが、

 

デザイナーとしての目標になります。

 

 

 

 

デザイナーの仕事は、

 

このようなデザイン上の目標と、コストのバランスを見ながら、

 

デザインしていくことになります。

 

 

 

 

【その10】へ続きます。

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.