2017.10.10 Tuesday

マツシタホームの考える「住宅デザイン」とは?【その1】

性能や機能、デザイン、価格、営業やサービス、アフターサービス・・・

 

住宅会社を選ぶための選択基準はいくつもありますが、

 

近年は、年々、デザインにこだわるお客様が増えており、

 

住宅会社選びの基準の中で、その会社の家のデザイン性が

 

占める割合が年々増えていると感じています。

 

 

 

マツシタホームは創業以来、以下の3つだけはどこにも負けない

 

家づくりをしようということを目標にしてきました。

 

 

,△蕕罎覦汰汗の高い家

 

居住後の光熱費や維持費を抑えられる家

 

Hしいデザインの家

 

 

なぜ、マツシタホームは、この「美しいデザインの家」を目指してきたのでしょうか?

 

 

マツシタホームの家の「住宅デザイン」に対する考え方をご紹介いたします。

 

 

 

「最高の家をあなたに」

 

 

マツシタホームの社名の上または横には、

 

このマツシタホームの企業メッセージが添えられることが多いです。

 

 

 

これは、マツシタホームがお客様へ一番伝えたいメインキャッチフレーズであり、

 

また、同時に、企業としての目標、社会に対する約束と考えています。

 

 

 

「最高の家」は、その言葉通り、あらゆる面で一番良い家を目指すということであり、

 

「あなたに」にはより多くの方にお届けしたいという思いが込められています。

 

 

 

私は、その実現のためには、真に優れた住宅デザインが必要不可欠と考えており、

 

マツシタホームの創業以来、追及し続けてきました。

 

 

 

“優れた住宅デザイン”とは、見た目の美しさも重要な要素ではありますが、

 

それだけを指すのではありません。

 

 

 

「住宅デザインも住宅性能のひとつである」という理念に基づいて、

 

事故や病気などの危険性を排除し、快適で豊かな生活を実現する。

 

 

 

美しさと機能、そのどちらかではなく、どちらも併せ持つ家だけが、

 

優れた住宅デザインと言えると考えています。

 

 

 

家は、雨風や暑さ寒さをしのぎ、地震などの災害から人を守る箱であると同時に、

 

人間が文化的な生活を送るための人生の舞台でもあります。

 

 

 

舞台の作りによって、日々の暮らしの質が全く変わってきます。

 

 

 

 

また、デザインは子供の教育にも影響を与えます。

 

 

 

合理的で美しいデザインの家で育った子供と、

 

デザインに対する意識が低い設計者による家で育った子供では、

 

デザインに対する意識が変わってくると言われています。

 

 

 

アップルの創業者であるスティーブジョブズが、

 

子供の頃に住んでいたアイクラーホームズの家のデザインに

 

大きな影響を受けた話は有名です。

 

 

 

スティーブ・ ジョブス はジョゼフ・アイクラーのことを

 

「アイクラーはすごい。彼の家はおしゃれで安く。よくできている。

 

こぎれいなデザインとシンプルなセンスを低所得者の人々にもたらした」と賞賛しています。

 

 

 

ジョブス はこうも言っています。

 

 

「子どものころ、アイクラー・ホームズはすごいと思ったからこそ、

 

のちに、くっきりとしたデザインを持つ量販品の提供に情熱を燃やすようになった」

 

 

個人を取り巻くモノやデザインがそのひとの発想やインスピレーションを刺激するのです。

 

 

 

アイクラー・ホームズのデザインへの賞賛以上に興味深いのが、

 

デザイン性の高いマスプロダクトを提供するというアイクラー・ホームズのコンセプトが

 

ジョブス を刺激したという点です。

 

 

 

良い住宅デザインは大きな力を持っています。

 

 

 

 

「家族の生活の器であり、街並みの構成要素でもある住宅は、

 

優れたデザインが最も必要とされるもの」

 

 

 

これがマツシタホームの考え方の根底にあるのです。

 

 

 

 

【その2】へ続きます。

 

 

 

 

 


 
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.