2017.09.03 Sunday

鹿嶋市I様地鎮祭に行ってきました♪

1ヶ月ほど前、鹿嶋市様邸の地鎮祭に行ってきました♪

 

 

 

地鎮祭の序盤は、参列者や供え物を祓い清める修跋(しゅばつ)、
神様を迎える降神(こうしん)、供え物を差し上げる献饌 (けんせん)、
工事の安全・家の繁栄を祈願する祝詞奏上(のりとそうじょう)と進みます♪

 

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)。
神主さんが切麻(米、塩、白紙)を敷地の四方と中央に捲いて、
敷地を祓い清めていただきます。

 

 

 

 

施主様と施工者が初めて土地に手をつける鍬入れの儀(くわいれのぎ)。
写真は、最初にI様のご主人が行った後、奥様が鍬を入れるところです。

エイ!エイ!エイ!と、声を出しながら鍬を入れていきます♪

 

 

 

 

続いては、私が鋤を入れます。
エイ、エイ、エ〜イ!と気合を入れながら、鍬を入れていきます♪
エイの掛け声は「栄」の意味があって、心をこめて鋤を入れます。

 

 

 

 

続いては、参列者が玉串を奉納して二礼二拍手一礼で拝礼する
玉串奉奠(たまぐしほうてん)で、写真はご主人が行うところです。
ご主人の後、奥様にも玉串奉奠していただきました。

 

 

 

 

続いては、直会(なおらい)です。
参加者が神様にお供えした御神酒で乾杯します。
「おめでとうございます!」って言いながら乾杯します♪

 

 

 

 

鎮め物(しずめもの)の受け渡し。
鎮め物は、土地の神をしずめるため基礎下の地中に埋めるものです。
ご夫婦がそれぞれ息を三度ずつ吹きかけた後、私が受け取りました♪

 

 

 

 

最後に記念撮影です。

I様ご夫婦を挟んで、右が私、左側が営業サブ担当の會見です。

 

 

 

 

 

I様邸の完成予想図。南東から見ています。

非常にシンプルですが、整った外観でしょ♪

 

 

 

 

 

I様は、営業が不在の時に私が対応させていただいたお客様です。

 

 

 

I様の勤務先の会社は、

 

2桁を大きく超える社員の方がマツシタホームでお建ていただいていて、

 

マツシタホームの家の評判がいいこともあって、

 

トントン拍子で話が進みました。

 

 

 

実は、I様からも早速、別の社員の方をご紹介いただいていて、

 

そちらもトントン拍子でご契約をいただき、現在は建築中です。

 

 

 

マツシタホームでの建築率が大変高い、大変ありがたい会社の方なので、

 

もちろん、満足度が高い状態で建物をお引渡ししなくてはならないわけですし、

 

そのように全力で対応させていただきますが、

 

実際には、どのお客さまでも同じことですし、

 

結果として、良い口コミにつながることも同じことです。

 

 

 

マツシタホームの企業メッセージ「最高の家をあなたに」は、

 

非常に良い家を建てれば「最高の家」と思っていただけるわけではなく、

 

最高の家を最高のサービスでお建てして初めて、

 

「最高の家」と思っていただけると考えております。

 

 

 

「言うは易く行うは難し」ですが、

 

少しでもそれに近づけるよう、全力で進まなくてはと考えております。

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.