2016.08.22 Monday

「震度7でも住める家-等級3に加える4つの提言」日経HB記事より【その2】

「震度7でも住める家-等級3に加える4つの提言」日経HB記事より【その1】からの続きです。


恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてから、読んでいただければ幸いです。

 

 

 

熊本地震のように震度7に繰り返し襲われても住み続けられる住宅にするために、

 

等級3に加味したい4つのポイントを提言している記事のご紹介の第2回です。

 

 

 

震度7に2回襲われた熊本県益城町(私たちも現地調査に行きました)に、

 

2000年6月以降の現行耐震基準で建てられた家のなかで、

 

昨日は、不幸にも倒壊してしまった7棟の建物をご紹介しましたが、

 

今日は、同じく不幸にも全壊してしまった10棟の建物をご紹介し、

 

その倒壊原因などを考えて行きます。

 

 

 

 

【画像下の部分の凡例】〃築年 地区 7基法に対する壁量充足率(後日説明)

 な瀕鳴床捨(後日説明) ザ睚関連(後日説明) Χ攜鬚ご慙(後日説明) 地盤関連

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その1

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その2

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その3

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その4

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その5

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その6

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その7

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その8

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その9

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年6月の現行耐震基準で建てられた建物の全壊例その10

 

 

 

 

 

 

 

 

【その3】へ続きます。

 

 

 

 


 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.