2009.11.09 Monday

タイル外壁にした方が絶対お得だということ、わかっていただきたいです。

現在、新築される戸建て住宅の外壁は、

70%以上がサイディング外壁で建てられています。


その他は、塗り壁が多いですよね。





マツシタホームで標準にしている総タイル外壁の住宅は、

マツシタホーム以外では非常に少ないです。



多分、総タイル外壁は全戸建て住宅の5%よりもずっと少ないでしょう。





オフィスビルやマンションなど、大規模な建物では、

サイディング外壁も塗り壁も、ほとんどありません。



ビルやマンションでは、総タイルが一番多いですよね。





他には、高級なオフィスビルでは、天然石とか、

最近では全面ガラス張りとかも多いです。





マンションでは、総タイルが一番多いというか、ほとんどですよね。





よくよく考えてみると、戸建て住宅とは全く違うことに気が付くでしょう。





この違いは、なぜだと思いますか?



ビルやマンションは高さがあるから?



それは全く関係ありません。






それは、長期にわたるメンテナンスを考えているからです。






ビルや賃貸マンションは、オーナーは経営者ですから、プロということになりますよね。


必ず、数十年単位の維持管理経費を含む経営計画を立てるんです。


そうしないと銀行ローンも借りられません。





経営計画を立ててみると、総タイルや、全面ガラス張りなど、

最初はコストがかかるものの、あとの手間がかからない仕様を選ぶ人が多くなるのです。







分譲マンションの場合は、購入者は一般の方、つまり素人ですよね。



でも、マンションの場合は、管理組合があり、管理費や修繕積立金というのがありますので、

ちゃんと維持管理経費の計画を立てて、費用の計算をしているんです。





維持管理経費の計画を立ててみると、総タイルや、全面ガラス張りなど、

最初はコストがかかるものの、あとの手間がかからない仕様を選ぶ人が多くなるのです。









戸建て住宅は、分譲マンションと同じく、購入者は一般の方、つまり素人ですよね。



これを読んでいる方もそういう立場の方、多いですよね。




維持管理経費の計画、立てていますか?




ちゃんと計画を立てたとしたら、自然と「総タイル」を選択する方が多くなるはずですが、

実際は、維持管理経費の計画を立てる人はほとんどいなくて、

初期投資が安い、サイディングや、塗り壁で家を立てる方が多いのです。





マツシタホームが総タイルをお勧めしている理由は、

長く美観を保ち、塗り替えの必要がなく、手入れは、洗浄だけで済むという、

メンテナンスがかからないいうタイルの特性からです。






欧米人は、財産保護や街並みの景観を守るために、

自宅のメンテナンスをしっかり行う人が多いそうです。




日本人は、建てた家を手入れしない方が多いですよね。




だから、私は、

総タイルは、日本人に最も合う外壁だと考えています。







私は、今言ってること、本当に正しいと思っています。




しかし、お客様は、他の会社が言わなくて、マツシタホーム一社だけが言うことなので、

お客様もなかなか納得していただけないことが多いです。




住宅業界がちゃんと説明していないだけなんです。






マンションとかの話をよく考えてみるとわかります。



本当に、わかっていただきたいです。





お客様自身のために。





 
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.