2009.11.05 Thursday

「良い家」とはどんな家? パート

今日は、昨日のブログの続き。




昨日のブログでは、

「良い家」 とはどんな家かと考えていくと、

―擦狄佑砲箸辰董嵶匹げ函廚どうか。

他の人から見て「良い家」かどうか。

この2つの視点があり、

,痢⊇擦狄佑砲箸辰椴匹げ箸どうかが一番大事なように思う方が多いと思うが、

私は、そこを重視しすぎるのはダメで、,鉢△領省を満たしていくことが大切だと考えている、

ということを書きました。



そして、最後は、

その理由は・・・このまま書いていくと長くなりすぎそうなので、続きはまた明日。


・・・というところで昨日のブログは終わっていましたので、

その続きを書きます。









住宅や住宅会社選びは、

とにかく考えることが多すぎるうえに、

専門的なことは、比べるのが難しいですよね。




しかも、住宅会社の営業はみんないいことばかりを言うから、

なおさら、わからない。






その結果、

本来は大切なはずの、構造、断熱性、長期耐久性、メンテナンス性などの根本的な部分は

わかりにくいために決定的な判断基準にはならず、

間取りや設備などの自分の興味深い部分と、わかりやすい部分である価格の問題だけで、

自分にとって良い家なのだと判断してしまいがちだと思うんです。




でも、実際には、

ちゃんと法律を守った家であっても、

家の安全性や、環境にやさしいかどうかなど、

住宅会社や商品によっても、結構な差があります。




だから、自分の興味があることや、自分が良いと思うことばかりではなく、

他の人から見てというか、多数の人にとって(言い換えれば社会にとって)、

良い家とはどんな家かということも、もっと考た方が良いと思うんです。




だから、

―擦狄佑砲箸辰董嵶匹げ函廚どうか ・・・だけで判断するのではなく、

他の人から見て「良い家」かどうか ・・・これも大きな判断基準にしたほうが良いのです。




そう考えることが、

失敗のない住宅選びにつながると思います。







そして、もう一つの理由は、

他の人からも「良い家だなあ」と見られた方が、

住む人にとってもいいと思うんです。




マイホームが完成して引っ越すと、

しばらくは、親戚や、友人、知人などが、

完成した家を見に次々とやってきます。



何千万円ものお金をかけ、何度も何度も打ち合わせを行い、

やっと完成した、夢のマイホーム。



完成直後に限らず、訪れた人から、

「良い家だねえ」って言われたら、

ものすごく気分がいいと思うんです。




誰しも、多少なりとも、社会的に認められたいという気持ちは持っています。



もちろん、それだけではありませんが、

良い家に住むことでも、社会的に認められるという部分もありますよね。




だから、誰もが良い家に住みたいと思うんです。








マイホームを建ててしばらくしてから、友人の家に遊びに行って、

友人の家の方が、自分の家よりずっと良い家に見えたから、

おそるおそる聞いてみたとします。



自分 「この家は建築費、いくらだったの?」


友人 「外構工事から諸費用まで全部で○○○○万円」


自分 「ガ、ガーン!」

    「・・・こんなにいい家が、そ、そんなに安かったの?」


友人 「そうかな、普通だよ」


自分  「・・・絶句」




こんなことのないように、

本当に良い家かどうか、

よく比べてから、住宅を決めましょう。





明日は、

「良い家」かどうかの判断基準って、具体的には何?


※「良い家」とはどんな家?シリーズ最終回です。





◎日本中のジャイアンツファンの同志へ

祝ワールドシリーズ優勝&ワールドシリーズMVP!  NYヤンキース松井!

祝 ジャイアンツ大手! 安部万歳!


今日という日は、なんと素晴らしい日!

この勢いで日本シリーズ優勝して、喜びを分かち合いましょう!!


 


 
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.