2009.10.29 Thursday

住宅にも「車検証」と「整備記録」を

平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。



戦後の日本政府の住宅政策は、

どんどん建物をどんどん建てることが優先されていて、

それを長く使うという視点があまりありませんでした。


住宅金融公庫などの公的融資や、

ローン減税、贈与税や不動産取得税の減税など、

たくさんのも住宅建設の促進政策はありましたが、

住宅に長く住んでも、特別なメリットはありませんでした。



住宅をたくさん建てることで、

景気を良くして、経済成長を目指そうということですね。



それが、日本も少子高齢化などの影響もあり、

経済成長があまり期待できない時代になり、

低成長でも社会活力を持続できる社会を目指さなくてはならなくなりました。




そこで、

「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」

というストック型社会(って言うんです)への転換を実現するために、

住宅の寿命を長くしようということになったんです。




例えば、3〜4世代に1世代が建てるくらい、住宅を長く使うようにすれば、

(定期的なリフォームは必要になります)

多くの世代で住宅ローンに追われることもないし、

建設ででるCO2も減らせる、産業廃棄物も減るし、

メリットが多いわけです。




そのために、

―斬陲侶て方を長持ちするつくりにしようということと、

△ちんと手入れして長持ちさせよう

この2つが必要になったんです。


(まさに、マツシタホームが目指してきたことですね)




△里ちんと手入れして長持ちさせようと言う部分では、

住宅履歴情報をきちんと記録して、保存させようと言うことになったんです。

(まだ、全ての住宅に義務づけではないんですが)




これ、「いえかるて」という愛称が決まったんですけど、

わかりやすく言うと、自動車の

「車検証」と「整備記録」なんです。


その住宅版と考えていただくと解りやすいと思います。




こういう考え方って、欧米には元々あったんですが、

残念ながら、日本にはありませんでした。




自動車も必要だと思いますが、

住宅も必要だと思いませんか?




マツシタホームでは、

他社でも行っている定期点検の他にも、

3ヶ月ごとの定期訪問など、

アフター管理には特に力を入れてきました。



この住宅履歴情報も、

お客様の大切な家を、

長く大事に住み続けていただくための、

新たなシステムを準備中です。



近々、スタート予定です。





 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.