2009.09.29 Tuesday

インテリアコーディネートは、人間同士のコミュニティコーディネート

今日は千葉北展示場で、

先日ご契約いただいたお客様と、朝9時半から仕様の打ち合わせ。




これまでは、ずっとご夫婦での打ち合わせだったのですが、

今日は、奥様だけとの打ち合わせで、

昼食をはさんで、終わったのは6時前でした。





ご主人は、


「オレはあまり家にあまりこだわりがないのに対して、家内はこだわりが強いし、

第一、自分は仕事で外に出ていて、家にいるのは家内ですから、

仕様の話は家内に任せます」


とおっしゃっていたため、仕様の話は奥様だけで打ち合わせをして、

最後はご主人に確認していただいて、

という話になっていたわけです。





そうは言いながら、ご主人の希望もいくつか出てきていて、(結構そういうものです)

奥様は、「意見が合わないところがいくつかあるんです」とおっしゃっていました。




こういう、夫婦の意見の相違って、あって当たり前ですよね。





夫婦とはいっても、

建物の外観や、インテリアとか、間取りとか、

全部、趣味が一緒って、なかなかないです。




色々、違いがあるのが普通だと思うんです。






こういう場合、どうすると思いますか?





もちろん、私たちがコーディネートしていきますので、

私たちが間に立って、調整していくわけです。






ここはご主人のご意見でいきましょう、

ここは奥様のご意見でいきましょうとか、

ここは、お互いの意見を組み合わせましょうとか。



ご主人でもなく、奥様でもなく、私たちの意見を通す場合もあります。








外観やインテリアのコーディネートは、

建物の知識、カラーやコーディネートの知識があればうまくいくわけではありません。



ご夫婦やご家族の意見をうまくまとめながら、

良い建物にする方向に誘導していく、

人間同士のコミュニティコーディネートが重要なんです。





だから、我々住宅会社の営業、設計、インテリアコーディネーターなどは、

専門知識以上に、さまざまな意見を調整するコミュニケーション能力が重要なんです。





もちろん、コーディネート知識があって初めて信頼されるわけで、

だからお客様が私たちの意見を参考にしてくれるんですけどね。







「最高の家をあなたに」のマツシタホームですから、

今日のお客様の建物も、頑張って意見調整します。





「これが私の生きる道〜♪」





 
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.