2009.08.23 Sunday

マツシタホームの家は、なぜエコ住宅なのか【第2回】

昨日は、マツシタホームの家の断熱性能の話でしたが、

今日もその続きです。



昨日、マツシタホームの家は、他社に比べて断熱性能が高いことを書きましたが、

ご興味を持っていただいた方もいれば、

やっぱり、断熱って言ってもピンとこないし、

そこまでのメリットを感じない、という方もいらっしゃると思います。




住宅の場合、そこにお住まいになる方によって、

エアコンや他のヒーターの温度設定も違うし、

冷暖房する時間の長さもまちまちなので、一概に言いにくいですので、

今日は、別のわかりやすい例で高断熱のメリットをお話ししたいと思います。




前にも書いたことがありますが、

マツシタホームの各展示場には、電気ポットが3台ずつ置いてあります。



3台とも、2.2Lのポットで、大きさはほぼ同じです。

3台の内の1台は聞いたことがないメーカーのポットで、2台はパナソニック製です。


無名メーカーのポットは2,980円で最安。


パナソニックのポットは、4,900円と7,800円。


7,800円のポットには、「省エネ大賞受賞」のシールが貼ってあります。




ここで、いまこのブログを読んでいる皆さんに、質問です。


あなたなら、どのポットを買いますか?




展示場で、実際に聞いてみると、

パナソニックの4,900円のポットを買うという方が最も多く、

次が最安のものを買うという方で、

7,800円のポットを買うという方は最も少なく、1〜2割程度です。




でも、その後、私たちが説明を加えた後で、再度同じ質問をすると、

全員が、「省エネ大賞受賞」の7,800円のポットを買います、とお答えになります。





どういうことかというと、消費電力が大きく違っていて、

2,980円のポットは35ワット、年間の電気代は6,451円、

4,900円のポットは33ワット、年間の電気代は6,082円、

7,800円のポットは13ワット、年間の電気代は2,396円、


・・・7,800円のポットだけ、消費電力が全然違いますよね。



同じパナソニック製のポットで比べてみても、

7,800円のポットは、4,900円のポットに比べて、

購入金額は2,900円高いけれど、年間の電気代は3,686円も安いんです。



1年経つと、7,800円のポットの方が安上がりなんです。



それぞれのポットを10年使ったとすると、

4,900円+(6,082円×10年)=65,720円

7,800円+(2,396円×10年)=31,760円

65,720円−31,760円=33,960円


購入時の価格と電気代を考えると、

7,800円のポットを買った方の方が、

なんと、33,960円も得になります。



2,980円のポットを購入した方は、

2,980円+(6,451円×10年間)=67,490円

結局、一番、お金がかかることになります。

※その前に10年もつかということもあります。



結局、この消費電力の違いは、断熱性能の違いです。


展示場では、お湯を90度に保温したポットの外側をさわってもらうんですけど、

7,800円のポットだけ、まわりが熱くならないんです。



これを体感してもらって、

そして、このポットがもし、住宅だったら、

断熱性能が低いと、冷暖房の熱が外に逃げ出してしまって冷暖房費がかかってしまうこと、

また、自分の家の電気代で、地球を暖めてしまうことになり、環境にも悪いことを

理解してもらうんです。



そう考えると、基本的に、断熱性能は高くなくてはならないんです。


環境のためにも、家計の節約のためにも。



ただし、当初の価格があまりにも違うようならどうするか、

そこはもちろんの問題なんですけど。



しかし、この電気ポットの話は、

たくさん学ぶところがある話だと思います。



断熱性能が、

省エネと大きく関わってくること、

地球環境にも影響を与えること、

これらはもちろんですが、

他にも学ぶところは多いです。




まず、パナソニック。


環境にも悪くて、電気代がかかってしまうものを売るなよ!

という感じでしょ。


その点で言うと、2,980円の品物と、消費電力、ほとんど変わらないです。


ポットの外側をさわっても、どちらもすごく熱いので、

地球温暖化に悪影響を与えていることも間違いありません。



大手だから、すぐに壊れたりはしにくいとか、一定の品質を期待するのは良いと思いますが、

大手だから、性能も良いということは全くありません。



断熱性能って、わかりにくいということを、昨日と今日、書かせていただきましたが、

わかりにくいからこそ、このポットのように、良い品物が売れていないということがあるのです。




そういう風潮や時代を変えていくのは、

利益重視の会社ではなく、

私たちマツシタホームのような志のある会社だと思って、良い家をつくっているわけですが、

お客様のご理解がもちろん、必要です。



ご理解していただけるよう、頑張ります。






 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.