2013.05.12 Sunday

私がなぜ「制震」をおススメするのか【その2】

私がなぜ「制震」をおススメするのか【その1】からの続きの記事です。


まだお読みでない方は、恐れ入りますが、

私がなぜ「制震」をおススメするのか【その1】をお読みいただいてから、

この記事をお読みいただくと幸いです。




昨日は、「耐震」「制震」「免震」の違いを、

ダルビッシュの剛球を受けるキャッチャーの衝撃の違いに例えるという、

ある意味変化球的な説明をさせていただきました。



例えが野球でしたので、

わかりやすかった方とわかりにくかった方がいらっしゃると思いますので、

今日は、普通に説明させていただきたいと思います。



東日本大震災から2年あまりが経過しましたが、

昨年の2012年12月7日にも三陸沖でマグニチュード7級の地震が発生したり、

大小の余震が多数起こっており、地震の多発期に入っている感じがしますよね。



また、3日前のブログ記事に書かせていただいたように、

マツシタホーム本社のある茨城県鹿行地域で、

これから30年以内にマグニチュード7級の地震が起きる可能性が高い

なんていう恐ろしい情報もあって、

地震対策は万全にしたいものです。


2013.05.09 Thursday
M7級の首都圏直下地震、マツシタホーム本社付近で高確率!?
http://mhome-syatyou.jugem.jp/?eid=2322#sequel




住宅の地震・余震対策には、

「耐震」「制震」「免震」の3つが主に使われています。


◆「耐震」は柱や壁など建物の構造自体を強化して、地震の揺れに耐える方法です。


◆「制震」は壁の中に振動吸収装置を入れ、揺れによる建物のゆがみを抑える方法です。


◆「免震」は地震の揺れを建物に伝えにくくするため、

  地盤(または基礎)と建造物の間にベアリングやゴムなどの絶縁装置を設置する方法です。




◎繰り返しの余震に強い

一般的には、建築基準法によって定められている「耐震」のみが注目されがちですが、

「耐震」構造は揺れが起こるたびにダメージを蓄積していくため、

柱と梁、筋交い、構造用面材などの接合強度が弱まる可能性が高まってしまい、

繰り返し起こるような余震には十分な対策が必要とも言われています。


阪神大震災以降、特にここ10年くらいだと思いますが、

とりわけ重要視されるようになってきているのが

「制震」なんです。



「制震」のメリットは、本震だけではなく、その後に繰り返し起こる余震にも強く、

「耐震」だけではカバーできない建物の変形を抑えることができ、

「免震」よりも導入コストが大幅に安価という、大きなメリットがあるんです。


※「制震」のコスト=「耐震」+50万円前後に対し、「免震」のコスト=「耐震」+300〜500万円


だから、大手住宅メーカーでも、特に地震対策に力を入れている、

旭化成(ヘーベルハウス)では全棟に標準採用、

積水ハウスではメインの鉄骨で7割(少し前に見た記事に出ていました)位で採用、

ミサワホームでも、震災後に採用率が格段にアップしているそうで、

実は、マツシタホームでも、メイン商品の「MAMORIE」で標準採用しています。



しかし、その他の住宅メーカーでは、オプション仕様として設定はされていても、

実際の採用は、非常に少数にとどまっているようですし、

これから家を建てる方の認知度も、まだまだ低いのが現状です。


では、「制震」装置の機能とは、実際どの程度のものなのでしょうか?



マツシタホームの家で標準採用している

住友ゴムが提供する制震ダンパー「MIRAIE」(ミライエ)は、

ダンパー上部にある「高減衰ゴム」が振動エネルギーを熱エネルギーに変え、

さらに基礎コンクリートと制震ダンパーをアンカーボルトでしっかり堅結することで、

地震の揺れを効率良く吸収するんです。



同社が大学と共同で行った「実大振動台実験」によると

建築基準法で想定している大地震波(BSL波)や

阪神淡路大震災と同じ地震波の揺れによる建物の変形を70%以上低減し、

繰り返しの地震衝撃に対しても強いことが証明されています。


「実大振動台実験」の様子
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Ydd-XI-vOYk#t=0s




「高減衰ゴム」は促進劣化試験により

90年経過しても性能がほとんど変わらないことが確認されていて、

定期的なメンテナンスも不要なんです。



元々地震国の日本が、地震の活動期に入ってしまっている今、

「制震」は、日本の住宅の当たり前の標準仕様にしていくべきです。



私は、心からそう思っています。




住友ゴム「MIRAIE」ホームページ ※結局このHPが一番わかりやすかったりして・・・
http://miraie.srigroup.co.jp/




 
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.