2009.07.15 Wednesday

建てたあとに発生する修理費のビックリする話。

今日、本社にいたら、事務員から電話を取り継がれました。



「他社で建てた方らしいのですけど、塗装業者を紹介してもらえないかとおっしゃっているのですが、

営業がいないので・・・社長、代わってもらえませんか?」



そうう言うわけで、話をうかがったところ、

ある大手ハウスメーカーで家を建てた方でしたので、

「保証関係もあると思うので、そのメーカーさんにまずご相談されてはいかがでしょう?」

とお話ししました。




するとお客様は、

「以前、家の門扉が壊れたときに、家を建てた会社に言ったところ、

修理の見積をしてくれたところまではよかったのですが、びっくりするくらい高かったんです。

実は私、以前、建設業の会社に勤めていたので分かったのですが、

あまりに法外な価格だったので、結局は別の業者に依頼したら、6万5千円が1万5千円、

なんと1/5でできたんです。ひどいでしょう。

とてもその会社には頼めないので、どこか紹介してもらえませんか?」



どこまで正確な話かは分かりませんが、

そのままだとしたら、ひどい話ですね。







突然、話が変わりますが、

10年以上前、私ももっと若かった頃の話ですが、

ホームビルダーは、正確には、建設業とは言えなてくて、

むしろサービス業と考えた方がいいんじゃないか、

という話を私がして、部下の設計担当が怒っていたことがあります。



建設業というと、建築や土木などの工事をする会社というのが一般的な認識だと思うので、

現実は、大半のホームビルダーは、工事そのものは、ほぼ全て外注しているんだから、

純粋に建設業とは言えないのではないか?ということです。




大手ハウスメーカーも、スーパーゼネコンも工事はほとんど外注ですが建設業ですし、

我々も、もちろん通常は建設業というのはわかっていましたが、

サービス業と考えた方がいいくらい、サービスが重要なんだというのが話の真意だったわけです。




我々は建設業ですが、工事は外注しています。


だから、施工業者の価格に、我々の経費や利益を上乗せすることになります。




だから、上乗せする会社なんかない方がいいじゃないかという話をする方もありますが、

実際には、私たちのような会社は絶対に必要です。



設計をしたり、使用する部材を選んだり、施工業者を指導したり、管理したり。


そのほかにも、住宅ローンの手続をお手伝いしたり、様々なサービスを行っています。




これが、我々の仕事ですし、

家を建てる方にとって、必要不可欠な仕事だと思っています。



大工さんが個人でやっている工務店などもある中で、

ホームビルダーやハウスメーカーが選ばれることが多いのですから、

お客様も、工事費に我々の経費や利益が上乗せされていることは理解されているんだと思います。


・・・価格競争の激しい新築では。





でも、競争の激しい新築ではなく、

アフターサービスの中で発生する修理などになるとどうでしょう?



メーカー保証ではない修理の場合、

まずは建てた会社に頼むことが多いため、

5倍の価格は極端としても、高いケースが多いと聞きます。



大手メーカーの場合は、そのメーカーオリジナルの部品の場合も多く、

その会社に頼むしかない場合もあります。



競争がなければ、価格は安くならないのが自然だと思います。





マツシタホームは、「入居後を重視する会社」と言っています。


建ててもらったお客様には、商品や工事の価格は高く設定する。




そういう会社にはなりたくないと思います。





 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.