2009.07.04 Saturday

ご相談にはどう対応するべきか。

今日接客したのは、先日からお話しをしていたお客様なのですが、

今のご自宅を建て替えるか、

他に土地を買って住み替えるか、

迷っていらっしゃいました。



夫婦間で意見が激突!とまで言うと、大げさですが、

意見が分かれてしまって、

「相談に乗ってください」という感じでした。




建て替えるか、住み替えるか?


こういう悩みって、結構ありますが、

こういうときに、誰に相談するかというのは難しいですよね。




やはりプロの意見を聞いてみたいという方も多いと思いますが、

実際には、こういう相談専門のプロというのは、ほとんどいないと思いますので、

我々のような住宅会社の営業マンに相談するケースが多いと思います。




ただ、それがいいのかというと、

よき相談相手になれる営業マンというのは、

残念ながら少ないように思います。



住宅に限らず、営業マンって、

自分の仕事に関係した相談に対して、自分の都合のいい方にいい方に

誘導するような話をする人間が多いです。



バカだなあって思ってしまいます。




お客様は賢いですから、

営業マンのそんな話は、すぐに見抜いてしまいます。



プロの見方として、「本当にお客様にとってどちらがいいのか?」

こういう話をした方が、プロとして信頼されるのは当たり前です。



そういうちゃんとした対応で信頼を勝ち得たうえで、

自社のいいところをアピールした方が、お客様に受け入れられるはずなのに、

それがわからない人が多いんです。



私は、競合他社の方が自社よりも良い部分があれば、

むしろ、積極的にお客様にお話しするくらいの姿勢の方が良いと思っています。



競合他社の方が良い部分は此処と此処、

自社の方が良い部分は此処と此処、

お客様のご要望を伺ったところで総合的に判断しますと、

お客様にとっては、絶対自社の家の方が良いと思います・・・


自社商品に自信があるのであれば、こういう話が本当ではないのかなあと思います。



私は、こういう感じでお話ししています。






ところで、今日のお客様には、

建て替え、住み替え、それぞれのメリット、デメリットをお話ししたところ、

住み替える方向になりました。



頑張ります。






 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.