2009.05.23 Saturday

敷地を見るということ

今日は、千葉県香取市で地鎮祭のあと、柏の葉展示場で打ち合わせでした。




ちなみに地鎮祭の写真です。

090523-01T様邸地鎮祭.JPG
地鎮祭準備完了の状態





090523-02T様邸地鎮祭.JPG
「エイッ!エイッ!エイッ!」 気合いを入れて鍬を入れます。





T様邸外観カラーパース
ちなみに、こんな家が建ちます。(以前掲載したことがあります)





香取市の地鎮祭が10時で、柏の葉展示場での打ち合わせが16時からでしたので、

その間に16時の打ち合わせの方の埼玉県越谷市の建築地を見てきました。




諸条件が重なって、見られないこともあるんですけど、

やっぱり、デザインを担当するなら敷地を見ないと・・・です。




タイミングによっては、なかなか行けないこともあるんですけど、

可能な限り、早い時期に現場に行きます。




やっぱり土地を見ていると、色々なイメージがわいてくるんです。



日照の問題や、隣家の窓の位置とか、外構のバランスとか。


敷地の空間と、まわりの景色などをどう活かすのか。


また、まわりの家と調和しながら、しっかり主張すること。



こういったところを見てきて、

あとは、施主のご要望や、お住まいになる方々のキャラクターも考慮して、

家のデザインを行う。




百聞は一見に如かずと言いますが、やはり、現地を見ることは大切です。


また、見ることで、刺激を受けて、ヤル気がわいてくるということもあります。


「まわりのどの家よりもいい家にしよう!」



何事も、体験することが大事なのです。





そういえばというか、考えてみたら今日は、だいぶ移動しました。


茨城→千葉→埼玉→千葉→茨城ですから。


頑張ります。





 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.