2009.05.18 Monday

住宅業界と価格表示

注文住宅業界では、広告やホームページなどを見ても、

一部の会社をのぞいて、価格表示が全くないことが多いです。



また、住宅展示場に行ってみても、価格表示のない会社が多いです。



価格表示をしているのは、ローコスト系と言われる

坪単価30万円前後の会社がほとんどです。





なぜそうなのか?ということを考えてみます。



まず、ローコスト系の会社が価格表示を行うのは、

ローコスト住宅を販売する場合には、価格自体が一番の訴求力になるためです。



ローコスト以外の住宅会社が価格表示をしないのは、

ローコスト住宅より高くなっている金額分に相当するだけの理由を伝えることが難しいからです。





これは、確かに難しいです。



当社の家だと、

総タイルだからいくらアップとか、外断熱だからいくらアップとか、

一つ一つがわからないのに、こういうのがたくさんあったら、余計にわかりにくいと思います。


「あの会社とは、構造の違いでこれだけアップするんです」とか、

ただでさえ分かりにくい部分を言われると、ますますわからないですよね。





当社では、価格表示についてどうしているかというと、

正直、あまり、表示していないです。




展示場にご来場いただいて、価格のことを聞かれたりしたら、

どこよりも、「かかる費用を全て正しくお伝えしなさい」と指導していますし、

実際にそういう姿勢はあると思っています。



しかし、広告やホームページ、展示場の掲示などでは、ほとんど価格表示をしていません。



それは、

「ローコスト住宅を販売する場合には、価格自体が一番の訴求力になる」

というお話をしましたが、

価格を前面に出すことで、家自体の良さよりも、価格自体がセールスポイントというように

誤解されたくないからです。




ルイヴィトン、エルメス、グッチ、シャネル、アルマーニ・・・・・

こういったブランドでも、同じような理由で、あまり価格表示を表にはしていないと思うんです。




だけど、・・・・・

やっぱり、不親切ですよね。



僕自身、ブランドは嫌いではないですけど、その不親切さは、嫌いです。



買い物するときに、値札がなくて、

いちいち、店員さんに聞かないと価格が分からないって、

どう考えても、不親切だと思うんです。




自社の話に戻らせていただくと、

正直、一気に変えるのは、販売に影響がないか心配ですが、

やはり、少しずつでも、価格表示をしていこうと思っています。



せめて、展示場の掲示や、折り込みチラシのような、対象をある程度は限定できる媒体から、

価格表示をさせていただくようにしようかと思っています。




ローコスト以外の住宅会社は、

ローコスト住宅より高くなっている金額分に相当するだけの理由を伝えることができないから

価格表示をしないと先ほど書きました。




当社は、伝えることができるというか、

「いい家がほしい」と思っておられる方でしたら、自然と分かってもらえると思っています。



住宅の質の差と住宅のコスト差の比較というか、いわゆるコストパフォーマンスは、

大変、分かりにくいとか難しいと言いましたし、それは事実ですが、

マツシタホームの家は、それでも分かるくらいの価格に対する価値観があると思うんです。




今度、価格表示をしたプランを紹介しますね。



お客様の家の価格をお話しするわけにはいきませんので、

実は、価格表示の第一歩のためのプランを作成中です。



お楽しみに。






 
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.