2009.05.15 Friday

松下社長の「正しいマイホーム選び教えます」【第19回】

今回は、「超簡単、マイホーム予算の設定の仕方」 を紹介してみたいと思います。



全ての人がこれでOKというわけではありませんが、

多くの方は、スタートとしては、こんな感じで良いと思います。




仝什澆僚擦泙い砲けている金額を計算する。


現在の家賃(管理費や駐車場代など含む)
           +
マイホーム取得のための貯金(月額)
           +
マイホーム取得のための貯金(ボーナス時)




▲泪ぅ曄璽犢愼後の住居費を決める。

※,能个靴晋什澆僚擦泙と駘僂犯羈咾靴覆ら、とりあえず、設定してください。


月々支払       ○○○○○円

ボーナス支払い   ○○○○○円




J嶌儡間(年数)と金利を決めて、借入可能額を計算する。

返済期間は通常35年までなので、その中で決めて下さい。


金利については、変動金利か固定金利か、

固定金利の場合は固定の年数によって金利が変わってくるので、

お考えの金融機関のホームページなどで、金利を確認して下さい。

※店頭金利から優遇を受けられる優遇金利等がありますので、詳しくは金融機関にお問い合わせ下さい。


返済期間と金利が決まったら、下記のホームページに入力して、試算実行ボタンを押してください。

※金利は元利均等をチェックしてください。

http://www.hownes.com/loan/sim/borrowing_repay.asp





だ茲曚匹了郢纂孫垳紊暴个討る、年収に対する返済負担率をチェックする。


その方のライフスタイルや、子供の数、教育方針などによって生活にかかるお金も変わりますので、

一概には言えませんが、目安を書いておきます。



※20%まで・・・通常はラクラクです。

※25%・・・通常はまずまずといったところです。

※30%・・・年収の低い方は注意してください。

※35%・・・年収の高い方は問題ないと思いますが、それ以外の方はよく検討してください。


もし、年収比率が高すぎる場合は、再検討して△龍盂曚鯆汗阿靴討澆討ださい。




ズ埜紊房己資金を足す。

最後に、住宅ローン借入予定額と、

自己資金(預貯金の内、マイホームに使えるお金、または親などから贈与を受ける額との合計)

を足せば、あなたのマイホーム資金の予算が出てきます。






この他には、固定資産税がかかったり、ローン減税で税金が戻ってきたり、

光熱費がこれまでとどう変わるかとか、維持費の問題とかがあります。
(光熱費と維持費が非常に安いのがマツシタホームの家です)



まあ、細かいところはともかく、

家づくりのスタートとして、概算予算をみるには、こんな感じでいいのではないでしょうか。





 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.