2009.05.12 Tuesday

松下社長の「正しいマイホーム選び教えます」【第18回】

注文住宅業界で、大半の住宅会社が販促として行っている

「無料プラン作成」に問題あり、ということを前回書きました。


その問題点とは何でしょう?





プランを無料で作成した結果、最終的に契約に至るのだったら、特に問題はないのです。


契約にならなかったら、そのプラン作成にかかったコストはどうなるのでしょう?



「無料プラン作成」だから、当然、もらえませんよね。




住宅会社からすると、営業経費として、結局は別の契約者の販売価格に上乗せするようになります。



そのコストは、いくらくらいなのでしょうか?



まず、プランを何人に提出すれば、契約になるのかですが、

3〜4人に提出して1契約が平均的なところでしょう。



では、無料プラン作成をするお客様、一人あたりに対するコストはどの位かかるのでしょうか?



このコストは、会社によって様々だと思いますが、試算してみましょう。



前回書いたように、無料プランの打ち合わせで、仮に5回、打ち合わせたとしましょう。

※プランのご要望の聞き取りで1回、ファーストプラン提示で2回目、プランを修正して3回目、

 プラン修正と見積提示で4回目、さらにプランと見積を修正して5回目とします。


まず、手間を人工で計算してみます。

※人工(にんく)・・・1人の人が1日働いて1人工と計算する。例えば3人で半日働くと1.5人工



”瀉歪敢此並量及び現況調査)および役所関係調査・・・・1.5人工

∪澤廚砲茲襯廛薀鷓鄒・・・0.5人工×4回

CADオペレータによるCAD入力・・・0.5人工×4回

じ積作成・・・0.5人工×2回

ケ超箸叛澤廚遼問打ち合わせ・・・0.5人工×5回



これで、合計9人工になります。


これに機材費や利益などを考慮すると、

例えば、50万円とか、そんな話になるのではと思います。



3人に1人が契約になるとしたら、

その契約者から3人分のコスト(例えば50万円×3)を回収しなくてはなりません。


この契約者は、自分の分はともかく、他人にかかった100万円も負担することになるんです。



すごく、無駄なコストですよね。




当社では、こうならないように、申込制度をとっているんです。


建築申込をしてもらってから、プランを作成する。


当社では、これによって、他人にかかった設計費用をご負担いただくことをなくし、

その費用を全て、お客様に還元しているんです。


お客様にとって、大変メリットが大きいのです。



設計上もメリットはあります。


前々回のブログに、設計事務所の場合で、注文住宅の設計料は150万円位が相場と書きましたが、

無料でプランを作成している会社では、同じだけの手間は、かけられません。


契約するかどうかわからないわけですから。




当社のように申込制度の会社であれば、ご契約いただくことが前提なので、

充分な手間やコストがかけられるんです。


正直、当社で契約することを前提の打ち合わせだと、

お客様も設計者側も、真剣度から違ってくるのです。





その会社に頼むことになってから、プラン作成の依頼をする。


これ、もともとは普通なんです。





でも、せっかく無料でプラン作成してくれるんだから、利用したい。


という気持ちもわかります。




どうしても契約前にプランをという方は、

一度、どこかでプランの無料作成を頼んで、プランと見積が出来上がったところで、

マツシタホームなら家の性能や仕様の内容と費用がどう違うのか、確認していただきたいです。




ビックリするくらいの大きなメリットがあるはずです。



何せ、普通の価格で、

「最高の家」

と言える、性能・機能・デザインになっているのですから。






 
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.