2009.04.27 Monday

松下社長の「正しいマイホーム選び教えます」【第10回】

数日、間があいてしまいましたが、

松下社長の「正しいマイホーム選び教えます」を再開させていただきます。


前回は、第8回と書いていましたが、途中で回がダブっていたようなので、さかのぼって訂正して、

今回が第10回となります。





前回の内容は、

注文住宅を建てる方の住宅会社選びは、

「目的は何か、またグレードや価格帯をどうするかというところから考えていく」のが最初と書いて、

車選びの例をあげて、住宅会社選びと比較して説明しました。




今日は、前回までの住宅会社選びを、もっと掘り下げて説明します。


前に書いたこととかなり内容がダブるのですが、ご容赦下さい。




以前にも注文住宅の会社を分類しましたが、さらに説明を付け加えるとこんな感じです。


ちなみに、坪単価を書いていますが、坪単価の基準は、40坪程度の本体価格と考えてください。

※本体価格やその他にかかる経費については、次回にでも説明したいと思います。


◎ハウスメーカー
 ・大手10社+中堅5社
 ・総合展示場中心に出展
 ・中高級住宅中心で、坪単価は中心価格帯が坪50万〜70万円位、坪40万〜100万程度まで。

◎中高級ビルダー
 ・ビルダーの中では少ないので、広域ビルダーを含め地域に1〜2社あるかないか
 ・このジャンルのビルダーは総合展示場中心に出展のケースが多い
 ・坪単価はハウスメーカーと同じかやや下くらい

◎中級ビルダー
 ・広域ビルダーを含め地域に数社くらい
 ・単独展示場を中心に一部総合展示場
 ・坪単価は坪40万〜坪50万円前後

◎ローコストビルダー
 ・広域ビルダーや地域ビルダー、フランチャイズも多い。地域に数社、多数あるケースも
 ・このジャンルは単独展示場が多いが、一部は総合展示場にも
 ・坪単価は坪30万弱〜坪45万円くらい

◎工務店
 ・どこの地域でも多数ある。
 ・展示場はないケースが多い。
 ・坪単価はローコストを中心に、高級和風など様々

◎設計事務所
 ・都市部では多数あるが、地方では申請業務中心が多く住宅設計が中心の事務所は少ない。
 ・通常は事務所のみ
 ・坪単価は様々だが、中〜高級が多く、超高級クラスは設計事務所が多い。


ビルダーは、他の分類に比べ、

実に色々な会社がありますので、グレード別に3つに分けました。







前回、書いたように、

「目的は何か、またグレードや価格帯をどうするかというところから考えていく」ためには、

どんな方が、どんな会社を検討していくべきなのか?


典型的パターンは次のような感じになると思います。



.魯Ε好瓠璽ーだけで考える方。
 ・大手メーカーが安心だから良いとか、深く考えたくないからとかいう方もいらっしゃいますので、
  そういう方はこうなります。


▲魯Ε好瓠璽ーと中高級住宅ビルダー
 ・安い家ではなく、いい家がほしいと思っている方。ある程度のコストはかけても、いい家にこだわりたい方。
 ・ハウスメーカーとビルダーを含めて検討される方は、ビルダーの中でも、ハウスメーカーと同価格帯、
  または少し下の価格帯のビルダーで検討する方が多い。通常、ブランド力ではメーカーが上位のため、
  性能やデザインなどに何らかのメリットがあるビルダーを検討する場合が多い。


C羌薀咼襯澄蔀羶
 ・そこそこの価格帯の中で、できるだけいい家がほしいと思う方。
 ・価格帯等の問題で、ハウスメーカーや中高級ビルダーまでは考えない方。


っ羌薀咼襯澄爾肇蹇璽灰好肇咼襯澄
 ・予算等の関係で、安い家で考えようと思っているが、やっぱりもう少しいい家もほしいしと迷われている方。


ゥ蹇璽灰好肇咼襯澄蔀羶
 ・予算等の関係で、安い家で考えようと思っている方、または、家のグレードに価値を認めていない方。


工務店
 ・地縁か血縁で、地域の工務店に頼まれる方が多い。
 ・現在は少数派になりましたが、地域に伝わる純和風の家を建てる方。


Ю澤彁務所
 ・自分だけのオリジナリティーにこだわる方が多い。
 ・性能やアフターサービスよりも、デザインを優先するタイプのお客様が多い。



どんな方がどのジャンルの家を検討するのか、簡単に書いてみました。


これから家をご検討されるあなたは、どのあたりのジャンルの会社で考えるか、決まっていますか?



何となくくらいは、どなたも最初からあるのではないですか?



展示場を見ながら考えるのも大事ですが、その最初のイメージ、すごく大切だと思います。


展示場でいいものを見たら、それは魅力を感じると思いますが、展示場は展示場です。


自分の建てたい家、その自分のイメージが一番大切です。


もちろん、自分で建てられる範囲で考えなければなりません。





まずは、会社ジャンルを決めましょう。



あなたの建てたいグレードの家を得意とする会社、

その中で比較検討していくべきです。







ちなみに、マツシタホームは、このジャンルでいうと、中高級ビルダーになります。

マツシタホームの坪単価は、坪50〜60万円が中心ですが、坪40万円くらいから建てられます。


上は、すごく高い家もありますが、坪60万円台までが圧倒的です。




それぞれの価格帯で、どこよりも一番いい家を建てます。




「最高の家をあなたに」がコーポレートステートメント、

「企業としての社会に対する約束」なのですから。





 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.