2010.12.24 Friday

《年末大掃除特集》マツシタホームの家の清掃性は?【その10;キッチン編3】

今日は、金曜日で午前中は会議デーなので、

午後から東京へ観葉植物を見に行ってきました。


帰りの車の中でこのブログを書いていますが、(車の中では書き終わりませんが・・・)

今日はクリスマスイブで、さすがの私も今日だけは、このまま直帰して家族サービスです。



さて、本題です。


《年末大掃除特集》マツシタホームの家の清掃性は?【その9;キッチン編2】からの続きです。


永大キッチンの清掃性についての続きです。


シンク排水口は清掃しやすい形状になっています。このかごの下の排水部の
形状がメーカーによっては臭気ブタ方式など清掃しにくい場合があります。
永大は◎です。




マツシタホームのキッチンでは、この水切りプレートを標準採用しています。
こういうモノがシンクの溝にきれいに収まると、キッチンがすっきり片付きます。




マツシタホームはオール電化が標準仕様ですから、もちろんIH標準です。
IHクッキングヒーターのお掃除のしやすさは私が言うまでもないでしょう。




マツシタホームのキッチンには、食器洗い乾燥機も標準です。




レンジフードは、フルオープン用とクローズド用がありますが、
どちらも清掃性に配慮しした仕様になっています。




キッチンの前と横の壁には、清掃性の高いキッチンパネルが貼られます。




全面に壁のないフルオープン型を除き、マツシタホームの対面キッチンには、
壁厚を利用した壁面収納が付きます。ステンレス製で水洗いしやすい設計です。




マツシタホームでは、W1800〜2550(グレードにより変わる)のカップボードが標準です。
家電収納(蒸気排出ユニット付)と分別ごみ箱も標準です。




分別ごみ箱。右の目隠しパネル付が標準です。




マツシタホームの家の「清掃性」をテーマにシリーズ連載してきましたが、

清掃の目的は、「清潔さを保つ」ということのほか、「美観を保つ」という理由もありますよね。


「美観を保つ」ためには、収納されるべきものは収納されてないと、美観上、よくないですよね。



そう考えると、「清掃性」には、「収納力」も含まれると私は考えます。



「収納力」とは、収納量を確保するというkとではないと思います。



「収納力」とは、いかに役に立つ収納であるか、具体的に言うと、

〇箸場所としまう場所が近いこと、∋箸い笋垢ぜ納であること、I要な量が確保されていること、

この3つが重要だと思います。



〇箸場所としまう場所が近い

○使う場所としまう場所が遠いと、ちょっと散らかったくらいでは面倒だからなかなか片づけないとか、

 きれいにしないことにつながります。


∋箸い笋垢ぜ納であること

○例えば、和室の天袋(和室の押入れふすまの上の収納)は使いにくくて入れっぱなしになりませんか?

 →マツシタホームの押入は天井まであって、枕棚を設置しています。

  いつも収納物が見えて、台がなくても取り出しできるから、しまいぱなしになりません。


○例えば、キッチンの吊戸棚は台を使わなくてはならないから、たまにしか使わなくないですか?

→マツシタホームでは、一昨日のブログに写真を掲載したように、ブルダウン収納を標準採用しています。

  これなら、みなさん、普段使いをされるようです。



I要な量が確保されていること

○収納は、少なすぎれば不便、多すぎれば費用はかかるし、物を持ちすぎることにつながりかねません。

 適度な収納量が一番です。これいついては設計のヒアリングが重要です。





マツシタホームでは、「清掃性」、「収納力」とも、創業以来、こだわり続けています。



私は、創業以来、

「自分が住みたい家を建てよう」と考えて、それを実行し続けてきました。



もちろん、お客様のご要望を取り入れるのはもちろんですが、

お客様が気づかない部分については、特に、「自分の家ならこう建てる」という感覚を重視してきました。



これに関しては、「お客様が気づかない部分は、コストダウンしよう」という会社が多いと思います。



マツシタホーム、

・・・・・というより、私のこの商売をある部分は度外視してもいいものを使おうという、この性格、

支持してくれるお客様が多いとありがたいです。




「最高の家をあなたに」


これは、私の感覚での「最高の家」ということになるんでしょうけど、

徹底的にこだわっていますので、皆様に共感していただけるとうれしいです。




 
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.