2010.12.21 Tuesday

酒々井町の「Tha そば」

先月、ご契約いただいたお客様のお父様が、ものすごい、そばの愛好家で、

ブログでグルメ情報を書いている私は、

「是非、美味しいおそば屋さんを教えていただけますか?」



先月、お聞きしてからずっと、行こう行こうと思いつつ、

酒々井町という場所の関係もあって、なかなか行けなかったんです。



先週の土曜日、幕張のお引き渡しに行った帰り、

やっと行く機会が訪れました。



富里市から国道296号線で酒々井町に入ってすぐの「東酒々井入口」信号を
超えてすぐ一本目のT字路を左に曲がってすぐ。国道に看板が出ています。




店舗外観。
看板に、契約そば畑の農場が書いてあります。




お店の横には、なんとお店のそば畑が!




店内。そば畑の写真や、そばに関するこだわりの言葉が、
筆書きの個性的な文字で書かれています。ちょっと、・・・マニアック♪




「そばと出会い、そばにふれ、馬鹿の一つ覚えでそばを打つ。
人と出会い、人の心にふれ、笑いあり、涙あり、馬鹿のひとつ覚えで、我、幸せ者。」




朝方塩(あつものしお)
これで食べてみてくださいと書いてあります。



写真は暗いし、写真が小さくて文字が読みにくいと思いますので、

上の写真の文字を書き写してみますね。




九十九里浜の海からのめぐみ「朝方塩」


まずは少量を蕎麦につけ召し上がってみてください

蕎麦の甘み、香りがよくわかると思います

私たちプロや蕎麦通といわれる方々は、この食べ方で蕎麦を見極めます

素材を味わう食べ方のため、蕎麦に自信がなければお薦めはできません

これであなたも蕎麦通・・・・・


蕎麦の味に驚きます、癖になります

是非、お試しあれ!!





マニアックでしょう。



文章がちょっと暑苦しい感じもありますけど・・・・・



そばによっぽど自信があるんですね。



食べるのが楽しみです。






ところで、この「朝方塩」をネットで調べてみました。




「朝方塩」は、

先祖代々、太東漁港の海水をくみ上げ、塩釜にかけ、『塩』を作り続けてきた、

上総一宮町の秦聖佑さんという塩作り職人さんの作った塩です。

(秦さんで9代目!)



房総半島に「幻の塩」ありと言われているらしいです。




「朝方塩」は、「あつものしお」と読み、

「あつもの」というのは、奈良時代の言葉で、「朝の太陽の昇る場所」という意味だそうです。


まさに「日出る(ひいずる)ところの塩」それが「朝方塩」。





…海水100リットルからできる「朝方塩」は、わずか3kg。


しかし、この塩には、130種類のミネラルが含まれていて、まさに海の恵み!




味見すると、すごく塩っ辛い。でも、その奥に、深いうまみがある!



ひとことで言うと・・・ん、うまい!!!




体と一体化する塩、それが朝方塩です。

 


ネットでは手に入らないらしく、

九十九里の一宮に直接行かないと手に入らないそうです。



地域の方の健康だけを考え、塩を手作りでつくっているそうなんです。



直接買いに行きたいアナタ!はこちらまで↓

農事組合法人「東園組合」
長生郡一宮町一宮1234




「朝方塩」の紹介ページ
http://sotobo99.blog116.fc2.com/blog-entry-282.html






私たちがオーダーしたのは、

十割そばのざるそば、900円也。


(二八そばと十割そばが選べるようになっています。二八そばは200円安)




オーダーしたらすぐに出てくるのが、このそばの実のおかし。
これ、美味しくて、癖になります。




十割そばがやってきました。
そばがピカピカに光っています。




味は・・・・・

美味しいです。




そばのいい香りがして、

「これが日本そばだ!!」

という、主張があります。



3人で食べたのですが、

みんな無言で食べてました。



この味、そば好きの人はたまらないのでしょうね。



でも、元々関西人で、子供のころからうどんを食べることの方が多かったの私には、

とても美味しいのですが、細かいことを言うとそばの味がやや強すぎるような気がして、

二八そばの方がもっと美味しいかもしれません。



今度、二八そばに挑戦します♪



トイレにまで、そば畑の写真がありました。
筆書きの文章はそばの話かと思ってみれば、「ふんばりゃなんとかなるさ」でした。





 
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.