2020.01.07 Tuesday

注文住宅営業も「コト売り」が大切になってきたようです。

お客様もミレニアル世代の方が増えて、だんだん中心になりつつあります。

 

 

 

ミレニアル世代とは、1989年から1995年生まれの世代を指すことが多いので、

 

年齢にすると25〜30歳位ということになります。

 

 

 

この世代は、これまでの世代と価値観が違うと言われていて、

 

そこで、ミレニアル世代対策というものがいろいろな業界で言われています。

 

 

 

その中でも、最も有名なものが「モノ消費からコト消費への転換」です。

 

 

 

「モノを買うのではなく、モノが実現させてくれる経験や体験を買う」ということです。

 

続きを読む >>

 
 
2020.01.02 Thursday

住宅展示場のお正月はGWの次に来場が多い時期なんです♪

住宅展示場は、家族連れでいらっしゃる方が中心なので、

 

お休みの方が多い時ほど来場が多いです。

 

 

 

年間で一番来場者が多いのがGW、次に多いのが正月なのです。

 

 

 

元日、2日は多くないのですが、3日あたりから成人の日あたりまでが、

 

来場が多いんです。

 

続きを読む >>

 
 
2019.12.28 Saturday

建てた後のメンテナンス費用は住宅会社によって10倍も違う!?

マイホームという人生最大の買い物を決めるかどうかの直前、

 

大半の方がこの建築費で良いだろうのか・・・という不安を抱くものです。

 

 

 

資金計画書の建築費と消費用などの合計の金額を見て、

 

自分がこんな金額の家を購入してもいいのだろうか?

 

もっと安い家にしておいた方がいいのではないか?

 

 

 

また、借りようとしている住宅ローンの返済額を見て、

 

「この返済額を35年も支払い続けて、途中で支払いができなくなったりしないか?」

 

「この返済額を35年も支払い続けて、老後の生活設計ができるのか?」

 

・・・などと不安になる方が多いわけです。

 

 

 

 

しかし、ちょっと待ってください!

 

 

 

実は、家にかかる費用は住宅ローンだけではありません。

 

 

 

毎月の水道光熱費も、建て方と住まい方で変わってくるものですし、

 

30歳くらいで建てたとして、人生100年なら、建てた後に70年も住むわけで、

 

その間に一体いくらのメンテナンス費用がかかるのか・・・

 

建てる方は、経済面での不安が大なり小なりあると思います。

 

 

 

今日は、建てた後のメンテナンス費用について、いったいどのくらいかかるのか、

 

また、建て方によって、メンテナンス費用はどのくらい変わるのか、

 

こんな話を書いてみたいと思います♪

 

続きを読む >>

 
 
2019.12.27 Friday

住宅ローン保証料は当初一括払いと金利上乗せ型、どちらが得?

銀行の住宅ローンを組む際に「保証料」という費用があります。

 

 

 

昔なら、住宅ローンを組む際に保証人を立てることを求められて、

 

万が一、本人がローンを支払えなくなると、保証人が代わって支払うシステムでしたが、

 

今は保証会社というのがあって、保証会社に保証料を支払って保証してもらい、

 

万が一の時には、保証会社が保証料のストックの中から、本人に代わって銀行に弁済する、

 

そして、保証会社が本人に返済を求める、こんなシステムになっているんです。

 

 

 

この保証料、「保証料一括前払い方式」(金利内包型とも言います)が多いのですが、

 

最初に支払わずに、金利に保証料分を上乗せする「金利上乗せ型」もあります。

 

 

 

どちらが得なのでしょうか?

 

続きを読む >>

 
 
2019.12.26 Thursday

建て方で火災保険料は3倍以上も違う! ご存知ですか?

これから注文住宅を建てたいとお考えの方は、

 

「どの住宅会社に依頼するか」、多くの方が悩むところですよね。

 

 

 

何を基準に選ぶのか?

 

構造? 断熱性能? デザイン?

 

会社の信用やイメージ? 営業担当者との相性?

 

 

考えることがいっぱいです。

 

 

 

価格帯も、住宅会社によって大幅に違いますので、

 

ローコスト住宅会社にするか、中高級の会社にするか、大手ハウスメーカーにするか?

 

 

 

ローコスト住宅会社と大手ハウスメーカーでは、価格帯が1,000万円も違っていて、

 

1,000万円の差はどこにあるの? 説明を聞いてもよくわからない・・・

 

 

 

1,000万円も違うわけなので、実際には何から何まで違うに近いのですが、

 

それを1個1個説明するとあまりに多すぎてわからなくなってしまうので、

 

住宅営業マンは代表的なものを説明することが多いと思います。

 

 

 

今日は、そのうちの一つ、

 

「建て方で火災保険料は3倍も違う」についてご紹介いたします。

 

続きを読む >>

 
 
2019.12.08 Sunday

35万ポイントがお買い物に使える!次世代住宅ポイントは来年3月まで♪

前回の消費増税時(2014年)にも、国が景気対策として打ち出し、

 

当時意外なほどの大人気になったと言われた「住宅エコポイント」ですが、

 

今回の消費増税時にあたっても、2019年版エコポイントとして再登場した

 

「次世代住宅ポイント」。

 

 

 

「環境」、「安心・安全」、「健康長寿・高齢者対応」、

 

「子育て支援・働き方改革」に資する住宅の新築やリフォームが対象で、

 

マツシタホームの家の新築なら、全て最大限度の35万ポイントが発行されます。

 

 

 

この35万ポイント(35万円相当)で、6,857点(本日調べ)の商品の中から、

 

希望の商品と交換することができます。

 

 

 

この次世代住宅ポイント、今年10月1日以降に引渡しされる住宅が対象で、

 

申請期限は来年3月31日、しかも予算枠がいっぱいになり次第終了という、

 

短期決戦のお得なポイントなんです。

 

 

 

新築予算の執行状況は、どうなっているのでしょうか?

 

 

 

「次世代住宅ポイント」HPで最新状況を調べましたので、お伝えします♪

 

続きを読む >>

 
 
2019.11.16 Saturday

木造住宅は街の中の森林。やっぱり木造住宅が一番環境に優しい。

植物はエネルギーを得るために二酸化炭素を利用して光合成を行い、

 

炭素を固定するとともに酸素を放出しています。

 

 

 

アマゾンの熱帯雨林は、二酸化炭素を吸い込む(炭素固定している)量がとても多いため、

 

「地球の肺(lungs of the Earth)」とも呼ばれていますが、

 

アマゾンの熱帯雨林は、毎年、焼かれたり伐採したりで、畑や放牧地などに転換され、

 

50年前に比べて20%減少してしまっているそうです。

 

 

 

森林が減少すると、二酸化炭素が吸収される量が減り、

 

地球温暖化を促進することにつながってしまいます。

 

 

 

木造住宅は、森林を伐採して製材した柱や梁を使用して建てられます。

 

 

 

木造住宅は、環境に悪いのでしょうか?

 

 

 

いいえ、逆に、木造住宅は、環境に優しいんです!

 

続きを読む >>

 
 
2019.11.15 Friday

住宅ローンは、固定金利?変動金利? どちらを選んだらいいですか?【下】

住宅ローンは、固定金利?変動金利? どちらを選んだらいいですか?【上】

 

からの続きです。

 

 

恐れ入りますが、前の記事をお読みいただいてからお読みいただければ幸いです。

 

続きを読む >>

 
 
2019.11.14 Thursday

住宅ローンは、固定金利?変動金利? どちらを選んだらいいですか?【上】

住宅ローンを選ぶとき、どの金融機関のローンにするかという問題がありますが、

 

もう一つの大きな選択が、固定金利か、変動金利のどちらを選ぶかです。

 

続きを読む >>

 
 
2019.10.28 Monday

新築で35万円分もらえる次世代住宅ポイントの予算は年内〜年明けまでか?

消費増税後の住宅取得支援制度の4つの柱の一つである

 

「次世代住宅ポイント」の発行申請が6月3日から受付開始しています。

 

 

 

事業予算枠1,300億円も明示されていて、

 

内訳は、新築が1,032億円、リフォームが268億円となっています。

 

続きを読む >>

 
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
最新記事
categories
archives
ブログ内検索
others

(C)Matsushitahome Co.,LTD All Rights Reserved.